スタジオライフワークの取り組み計画相談支援事業に向けてドタバタしたり踏み込んでみたり

皆さんおはようございます。計画相談支援についてお話しさせて頂きます。スタジオライフワークでは相談支援事業スタートに向けて準備をしております。

2022年内にスタートする予定でしたが諸事情により年を越してしまいました。すいません!2023年4月頃にはスタートできるように取り組ませて頂いております。

計画相談支援をスタートするにあたり、現任研修受講し、同時進行にて申請準備などドタバタしておりますが、やはり最新の現場の取り組みに興味があり、お会いする相談支援事業所の方々に「現場に同行させて下さい」 と学びなのか?研修なのかわかりませんが踏み込みまくっております。様々な方々の取り組みを学びしっかりとした事業スタートにしたいと思いますので、宜しくお願い致します。

利用される計画相談ですがどんなことするのー?と疑問などもあると思いますので、詳細は厚生労働省から引用させて頂きますね。

厚生労働省計画相談支援の仕組み

今の時期は特別支援学校卒業後に向けて新しい生活、新しい福祉サービスの利用、障がい児から障がい者への変化があり、皆さんは不安や期待など様々な心境かと思います。

スタジオライフワークを利用されている特別支援学校卒業生である方々と十数年関わってきた経緯を振り返りますと、今では相談支援が充実しつつあり、働きたいというチャレンジも一昔前より選択肢が増えました。

しかしながら重度の障がいがあり、食事や排泄などのサポートが必要な方々の選択肢は多くはありません。スタジオライフワークデイサービスではそのような障がいがあっても働いて学び、成長できる環境作りを行なっております。デイサービスでも働けるのです。

そのような中、利用される方々の生活をはじめ人生や生きがい作り、学びや成長を考えますと計画相談員として様々な取り組みができるのではないか?利用される皆さんが自己決定し、成功や失敗の中にたくさんの笑顔と幸せを感じて欲しいと思い今回の相談支援事業を進める事になりました。

先日は多くの事業所の方々、代表や相談員をはじめ居宅介護支援、就労継続支援など多くの方々とお話しする機会がありました。たくさんの苦労話や楽しいお話を伺い、「これからの福祉は楽しみだなー」 と感慨深く感じました。

スタジオライフワークデイサービス及び就労継続支援b型.スタート予定の相談支援事業をこれからも宜しくお願い致します。

利用して頂いている皆様、関係者の皆様、スタッフの皆さん、いつもありがとうございます!

特別支援学校卒業生メンバー 一年の振り返り!

皆さんこんにちは!今日はスーパーバイザーであり、看護師としていつも皆んなを見守ってくれているAkaよりブログをお届けいたします!

<遼馬さん>

★泡瀬特別支援学校卒業後、2022年4月より当社の生活介護デイサービス利用を開始。メインの生産活動として毎週1番組のラジオパーソナリティや動画編集業務に取り組む。

 元々大好きだったラジオ番組を ”聴く側” から “作る側” へ。5月からラジオパーソナリティの役割を担う事になった遼馬さん。番組開始当初は1週間の時間を掛けて台本を作り、毎週木曜日の番組に出演。しかし彼の真面目すぎる性格からシナリオに沿って番組を進めようとするあまり、アドリブが入ったり言葉に詰まるとスムーズに進行出来なかったり対応出来なくなることもありました。そんな状況から時に落ち込み涙する事もありましたが、ディレクターから番組作りのアドバイスを頂いて、スタッフと何度も話し合いながら課題に対し修正を重ねてきました。

①まずは自分がラジオ番組を楽しむ事 

②枠に囚われ過ぎるとぎこちなくなるので、シナリオは少なめ・フリートーク多めで。

この2つを常に意識しながら、忘れかけていた “ 楽しむ事 ” を再確認してもらいました。その結果、スタジオ内の雰囲気にも慣れて、萎縮する事なく心から楽しむ彼本来の姿が見られました。進行も概ねスムーズになり、番組開始当初に比べ確実に成長の跡が見られました。

 その他、動画制作もゼロからのスタートでしたが、今では毎月パートナーの利用者と協力しながら月1回の広報動画 “施設便り” の制作に取り組んでいます。動画だけでは無く、概要欄の文章やサムネイル制作などの役割も担当し、単独で動画制作も出来るようになりました。

<杏音さん>

★同じく泡瀬特別支援学校を卒業後、2022年4月より生活介護デイサービスの利用を開始。メインの作業はパンフレット折りやビーズを使用したスマホストラップ作り等の小物制作に取り組んでいる。

 いつも元気な杏音さん。施設では当社のパンフレット折りや封書封入作業、ビーズを使用したスマホストラップ作りやドリームキャッチャー作りに取り組まれていました。またパソコンを使用して商品包装用紙で使用する ”英字新聞作り” にもチャレンジ。可愛らしいデザインで包装紙としても好評でした。杏音さんの特性を踏まえ、お手伝い出来る事をスタッフと考えながら仕事を作り、一生懸命生産活動に取り組んでいます。

 その他、社会参加活動の一環として時々ゲスト出演でラジオ番組にも出演してもらいました。オンエア中も緊張することなく、いつもの杏音さんワールド全開で番組を盛り上げて頂きました。奇想天外な杏音さんのトーク力は健在で、杏音さんが出演する回は軒並み視聴回数も伸びており注目度の高さが伺えました(笑)。杏音さん過去の出演回は、FMコザのYouTubeチャンネルでその模様が収録されておりますので、興味がある方は是非ご視聴ください。

<まとめ>

 当社を利用してもうすぐ満1年を迎えるお二人。遼馬さんは新しい業務にも物怖じせず、常に前向きに取り組む姿が印象的でした。杏音さんは自己のペースで作業に取り組む一方で、大好きな歌や踊りで施設内の雰囲気を盛り上げるムードメーカーとしても欠かせない存在となりました。

 このような様々な個性や創造力がぶつかり合う施設内で日々進化を遂げている遼馬さんと杏音さん。お二人の「究極のプラス思考」は今後も自身の成長への助けとなってくれることでしょう…。

長くなりましたが、お読みいただきありがとうございました。

現任研修インターバル日程決まりました。合わせて事業申請もしなくては!

先日市役所より連絡があり、相談支援現任研修のインターバル先が決まったと連絡を頂きました。連絡調整しようとしていたところ先方より連絡を頂きとても有り難がっかたです!

インターバルでお世話になります担当の方とスケジュール調整し、あとは予定通り参加します。楽しみな事はガチでマジな現場から学べるという事です。担当者の方宜しくお願いいたします。

福祉事業所は人員配置が定められており、相談事業をスタートするにあたりパートさんを探しておりましたが先日決まりました!あとは申請をスムーズに行うのみ!頑張ります。

昨年、相談支援名称を募集させて頂きましたが既にある名称であったりとなかなか難しく、あらためて募集しようかと思案中です。もう少しお時間頂きますね。

また、スタジオライフワークは事業スタートから一年半程とまだまだネームバリューも無いために今日も外回りやビラ配りなどを行いました。興味のある方々をはじめ、弊社の取り組みにご理解頂いている皆様、あらためて宜しくお願い致します。記事のシェアやsnsなどのいいね!などから必要とする利用者の方へ届いて繋がりますと幸いです。

お問い合わせ、ご連絡などはホームページやGoogleなどで検索されるとわかりやすいと思います。

電話 098-923-1709

メール studiolifework@icloud.com

沖縄市中央4-11-2 中央パークアベニュー 沖縄市立図書館から徒歩1分

新入社員ライフもお待ちしております!

スタジオライフワークの楽しさ!管理者 久貝宙史

日ざしの明るさに春の気配を感じるようになりましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

日々、利用者の方には生産活動に取り組んでもらっています。若い利用者さんもいれば、経験豊富な利用者さんもいる中、みんなで話し合いながら、個々の障がいの特性やスキルに応じて仕事を振り分けて「チーム」で活動し、若い利用者さんはたくさんの経験をして、トライアンドエラーを全力でやってもらいながら、スタッフや関係者からアドバイスをもらい成長しています。

個々の得意分野があり、利用者さん同士で教え合ったり「あーしたらいいんじゃない?」「こうしたらいいんじゃない?」と話し合ってる様子を見ると嬉しく思います。

ベースが生活介護、就労継続支援B型にあるので、医療ケアの部分や本人の体調の面を考慮しながらその都度、会議をもち、本人に合ったライフスタイルで活動をしています。

 「社会参加」や「学び」を取り入れながらたくさんの経験をしてもらっています。

活動内容は、各種SNSやYouTubeチャンネルを年間通してアップしていますので、そちらからご覧下さい。

スタジオライフワークでは利用者を募集しています。見学、体験など随時受付ていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

スタジオライフワークデイサービス/就労継続支援b型のスタッフの取り組み

皆さんこんにちは、今回はスタジオライフワークで働くスタッフを紹介致します!個性派揃いで頼もしいスタッフ達です。みなさん会いにきて下さいねー!

管理者 介護福祉士 宙史 就労継続支援からデイサービス迄様々な障がいのある方々と過ごし経験豊富です。利用者スタッフからも信頼される冷静沈着な管理者です。小学校からバスケ🏀に夢中になり全国制覇を経験した強者です。バスケに関しては何を質問しても的を得た答えが返ってきます!また、撮影に関しても淡々とこなして将来が楽しみなスタッフ!いつもありがとう!

サービス管理責任者 介護福祉士 知念 利用者の立場に立ち常に全力です。利用者からの信頼は誰も敵いません!ある意味すごい人気店です。計画書作成から現場での支援まで、常に全力で取り組んでいる姿はいつも頼もしいですね!琉球ゴールデンキングスファン!いつもありがとう!

看護師 赤嶺 経験豊富 感染症対策から動画編集迄なんでもこなすスーパーバイザー。看護師の業務はきっちりとこなし、利用者の心身両面からサポートします。スタッフへの連絡や様々な医療面での対策など支えてくれております。また生産活動や就労面での利用者に対するアドバイスは類を見ない活躍ぶりです。いつもありがとう。

支援員 ボケとツッコミが満載!編集部長 澤近。社長秘書やお菓子製造に関する資格を持ち、「秘書やってくれ」 と伺ったところ「めんどくさいのでやりません」 という大阪の女。利用者との生産活動から就労の変種から管理まできっちりこなします。接客や業務をテキパキとこなします。ありがとう。

介護福祉士 最年少ルーキー 安純ちゃん。県外で様々な福祉の経験を持つ彼女は最年少にも関わらずなかなかの仕事ぶりには将来が非常に楽しみなスタッフです。送迎から入浴なんでもこなす彼女は凄い。小物制作から編集もしっかり対応致します。ありがとう。

上記以外にも様々な業務にチャレンジし、本当に利用者の方々へ繋げる工夫を日々全力で取り組んで頂いております。このような取り組みの結果、利用者の皆さんのQOLや生活全般、学びと成長に繋がっております。

このようなスタッフが日々笑顔で楽しく取り組んでおります。スタートから現在まで安定した向上が結果として出ている事も本当にスタッフの皆さんのお陰です。あらためて感謝!ありがとう

また、日頃より利用される方々やご家族及び計画相談員、関係者の皆様にもあらためてお礼申し上げます。

これからもstudio lifeworkは向上し、皆さんに愛される会社を目指していきます。今後とも宜しくお願い致します。

特別支援学校の卒業アルバムについて学校、保護者、カメラマンの目線で非常に悩んでいます。解決策を模索する

昨年特別支援学校の卒業アルバムについてご相談がありました。卒業アルバムについてもう少し内容を充実させる事や価格などについて色々とお話を伺いました。

話をしておりますと、卒業アルバムは私たち40-50代の皆さんが持っている卒業アルバムをイメージしていたのですが、なんか話を聞いていると卒業アルバムの内容がイメージとずれておりました。

わからないので、詳しくお話を伺い、その後に卒業生である利用者の方々に聞いてみると3面見開きのような枚数の少ないものであったり、手作りのようなものであったり、卒業する年で色々あるようでした。

時代の流れもあるでしょうが、これでは特別支援学校の生徒の皆さんのイキイキとした学校生活の思い出は思いの外少ないと思いましたし、カメラマンが撮影に来る回数も少ないはずなので、とても寂しく感じてしまいました。

卒業アルバム制作にはやはりお金がかかります。カメラマン派遣、制作費などを考慮しますと生徒数の少ないアルバム制作はなかなかのお値段になると思います。

また、保護者の皆様はご家族の生活を守るためにお仕事に出れない方々が殆どだと思います。そのような環境の中、通常の卒業アルバム制作費を捻出する事は簡単ではないと感じました。

子供達の素敵な瞬間をどうにかして残せる方法はないのか?と悩み関西でお仕事で繋がっているアルバム制作業務を行っている方に関西の方ではどのような感じなのか?特別支援学校の卒業アルバムなどいくつか質問や相談をさせて頂きました。

感想と致しましてはアルバム数が少ないためにどうしても値下げかきかない。印刷会社にはどうしても数がなければ値段は抑える事ができない事や少ない予算ではカメラマンを派遣するたびに経費、人件費がかかってしまうとのことでした。納得ですが腑に落ちないなー。

スタジオライフワークではスタッフをはじめ利用される方々にも撮影に関わって頂いております。例えば撮影は弊社スタジオライフワークで取り組み撮影に関する経費と人件費を抑える。そうすることによってもう少し素敵な卒業アルバムを制作する事が出来ないかなーと模索しております。

特別支援学校の生徒の皆さんをはじめ、ご家族及び現場で支えていらっしゃる学校関係者の皆さんの笑顔がもっとたくさん卒業アルバムにあってもいいじゃないか!と勝手に熱くなっております。

特別支援学校の卒業アルバムについてのお話でしたが、知り合いの業者の方へ近日ご相談に行ってきますので、解決策が見つかりましたらまたご報告致します。

文章力の無い代表の記事ですがお読み頂きありがとうございました。

全国平均工賃を作り出すためにスタッフが【ゼロからでもできる】を実践と障がいがあっても働けるデイサービスの紹介です!

皆さんおはようございます。2月に入り寒い日が続いておりますが体調管理引き締めて取り組みましょう!

前回はスタジオライフワークデイサービス【生活介護】についていくつかお話しさせて頂きました。生活介護で学び、全国平均工賃以上を作り出すためにスタッフたちが何に取り組み、利用者の方々はどのような事をしているのか?もう少し詳しく紹介させて頂きますね!

重度の障がいがあってもできるのでしょうか?という質問がよくあります。スタジオライフワークでは【出来ます】と答えます。まず、お仕事の仕組みから考えていきます。

通常のみなさんのお仕事では現場で働く方は現場をこなし、飲食店などでは料理を作る方や接客を行いオーダーをとるなど役割がありますね。会社を作る人がいて経理を行う方、営業をこなす方など、皆さんのお仕事は一人で完結していないはずです。

スタジオライフワークでは障がいという個性や個人の感性を考慮してアプローチしていきます。一例として沖縄の海の動画を世界へ向けて販売する場合

まず企画します。考える事やリサーチする事ができる方、出来ないけどやってみたい方が取り組みます。撮影内容が決まり撮影に入ります。代表町田、スタッフが主ですがチャレンジする利用者の方も勿論います。撮影を理解するためにアシスタントなども学んで頂きます。

撮影後には撮影データのチェックから編集に入ります。タブレットやPCの操作が得意な方ややってみたい!方々がいればこのポジションのお仕事を行います。

データが仕上がりましたら販売しないといけません。代表町田が審査が通り契約した販売サイトで販売します。gettyimagesなどは有名ですね。

そのサイトに仕上げたデータをアップロード、登録を行います。登録時にはキーワードとなるタグ付けを入力します。そこのポジションのお仕事もあります。例えば、手足が動かすことができない障がいがある場合には、一緒に考えてもらいます。沖縄の海から連想してキーワードとなるタグを【青い】とか【観光】【珊瑚】など考える事が仕事です。こういったデジタルコンテンツのようなものは障がい者の方々にはある意味武器といいますかメリットが大きいのです。在庫は減らないので何度でも売れる可能性があり、大量生産をして薄利多売をしなくても良いのです。重度の障がいがあっても他にできる事はたくさんあります!

スタジオライフワークデイサービスでのお仕事は利用者とスタッフが一つの制作チームとして取り組みます。簡単に言うと監督がいてカメラマンがいて編集者がいて営業がいて、みんなで支え合う当たり前のお仕事なのです。

弊社のデイサービスでも働けるという取り組みは【障がいがあっても諦めない】【ゼロからでもできる】という思いからです。過去記事にも書きましたが、今いる利用者の方々が高校卒業後に働くチャンスすら無かった時代に、強く思い知らされた現状を見て、【ゼロからでもできる】を実践して【思い続ければ夢は叶う】とカメラマンになる事を障がいのある方々へ伝えたかったのです。

2022年は弊社スタッフ2名がカメラマンとしてお仕事もこなすようになりました。利用者と一緒に事業所内でカメラの扱い方からいくつかの撮影現場に入り学んで実践して、現在ではいくつかの代理店のお仕事も頂いております。スタッフには感謝です。コロナ禍の中では弊社ラジオ番組放送が生配信する事のリスクを減らすために収録時にはカメラや音声、編集などとても活躍しました。

自立や障がい、普通などというキーワードにいつのまにか悩んだりしましたが、当たり前に支え合い、個性を活かし、チームで取り組む事がスタジオライフワークデイサービスの魅力です。

障がいがあっても諦めない。ゼロからでもできる

スタジオライフワークでは利用者を募集しております。ご父母の皆様や関係者の皆様、障がいがあり悩んでる皆さん!いつでもお気軽にご連絡下さいね!最後までお読みくださりありがとうございました!

スタジオライフワークデイサービスのご紹介

あけましておめでとうございます。2023年もよろしくお願い申し上げます。

あらためまして、合同会社スタジオライフワークの事業の一つであります【生活介護】のご紹介させて頂きます。

通常生活介護【デイサービスの事】では食事やお手洗いなど、日常生活において介助や支援が必要な方が利用致します。介護保険とは違い若い利用者の方々や重度の障がいがある場合にはお仕事に就けず、学ぶ事や生活する事の経験がかなり制限されてしまいます。勿論、それが悪いわけではありませんが弊社では仕事を通し学びと経験を体験し、成長する事とお給料【工賃】を提供致します。

そのお仕事はどのようなものですかー?とよく質問されます。まず代表がカメラマンなので休む事なく撮影を通してお仕事を作り上げております。皆さんとは違い経営者ですので8時間の勤務ですよーと労働基準もありません!起きてから寝る瞬間まで働いております。

それから、ラジオ番組制作及び出演です。お話しする事や番組を楽しんでもらうために皆んなで参加して楽しんでおります。制作するにあたりラジオ局のプロの方々からアドバイスを頂いたり、学んだりしております。

YouTube番組制作も行っております。撮影から編集様々な視点から伝える事を学び、パソコンやタブレットをはじめ障がいがあっても取り組める環境作りにも配慮しております。弊社の取り組みはスタジオライフワークチャンネルを拝見しますと伝わりやすいと思います!ご覧下さいね!

手工芸や個性に合わせた取り組みなどを日々スタッフと話し合い取り組ませて頂いております。

スタッフは経験豊富なスタッフが活躍しております。介護力と言いますか、支援する力はどこにも負けておりません!安心してご利用下さいね!

それから弊社は中央パークアベニュー通りにあります。街の真ん中にありますので、施設の中で閉じこもるような事はなく、社会参加が容易です。

スーパーや図書館、公園 ラジオ局 シアタードーナツに銀行や郵便局もあり学ぶ事や多くの経験が可能です。また、バス停も市内バスや路線バスなども充実しており、バスを利用して通うことができる利用者も増えました。

利用者とスタッフのお給料を作り上げる事は容易ではありませんが、工夫と継続は出来ます。弊社スタッフは休みの日に撮影を行い練習し、今ではいくつかの撮影にも入れるようになりました。【ゼロからでもできる】を実践してくれてます。

様々な活動はYouTubeを拝見して頂き、ご理解頂ければ幸いです。今年も宜しくお願い致します。

簡単ではありますが、あらためて生活介護で働ける事、デイサービスの紹介でした。現在も利用者募集中ですので、宜しくお願い致します。

住所沖縄市中央4-11-2 電話098-923-1709

お気軽にお問合せくださいね!

新年あけましておめでとうございます!多忙の代表に代わり、スタッフが記事を書いてくれました!

スタジオライフワークは支え合い成長してきました!多忙のためスタッフへ記事を一つお願いしたところ、下記の記事を書いてくれました!ありがとう。ご一読くださいませ!

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願いします。

 既出ですが、おかげさまで令和4年6月でスタジオライフワークデイサービスは無事1周年を迎えました。そして今年6月にはあっという間に2周年を迎えます。これもひとえに御協力頂いた皆様方のおかげです。謹んでご挨拶とさせて頂きます。

 これまでの事を振り返ると色々な事がありました。

 「ゼロからでも出来る・今からでも出来る」「障がいがあっても諦めない」を合言葉に、これまでに無かった「生活介護事業所での生産活動=高い工賃を」という新たな試みを掲げてスタートした弊社。今まで殆ど前例が無い福祉事業・取り組みであるが故に、その道のりも決して平坦なものではありませんでした。「身体的な特性を踏まえ、この方にはどのような仕事が合っているか?」「どれくらいの時間を作業に充てられるか?」「作業方法等、どのような教え方が適切か?」個々の特性はそれぞれ違うため、説明や指導に関わる時間もより多く掛かります。その特性を踏まえ、個別に仕事方法や作業工程を利用者に教え込んでいきました。当初はほぼ手探りの状態で教えていたと思いますが、個々の特性への理解が浅かった部分もあり、上記の過程では上手くいかない事も多々ありました。時に事業運営に悩み壁にぶつかることもありましたが、その度に利用者のひたむきに頑張る姿・成長していく姿に心動かされ、「明日からまた頑張ろう」というパワーを貰い前を向く原動力になりました。
 作業過程で上手くいかなかった場面では、利用時間終了後にその都度会議をしながら振り返り、改善策を話し合いました。画一的な支援にならぬよう個々の特性に合わせた生産活動の提供、作業内容のマッチングに特に時間を割きました。

 結果が出るまで時間は掛かりましたが、今では利用者の皆様がそれぞれの特性・個性を活かした様々な商品制作や活動をしております。ある利用者は手書きのポストカードやポチ袋、クリスマス関連商品をネット販売して収益を得たり、またある利用者は商品販売用のポップ広告を作成したり、ラジオパーソナリティで広報活動、成人式前撮り画像の編集作業やアルバム制作、Youtubeの動画制作や各種SNSでPR活動等々…。その活動は多岐に渡ります。
 更に現在では、生活介護の対象外となる方への幅広いニーズに対応すべく、就労継続支援B型事業所もスタートしております。生活介護、B型就労の利用者が共に協力しながら日々様々な事に取り組んでいます。

 このような一連の活動(生産活動・就労作業)を通して失敗・成功体験を重ねながら得られる達成感は、何事にも代え難い経験であり財産となります。それがやがて自身の成長へと繋がります。何より、利用者の皆さんがそれぞれの活動に取り組む姿はキラキラと輝いて見えます。そんな弊社の活動情報を知り、新聞社の記者様やテレビ局から取材が来たこともありました。新聞掲載・テレビ放送後の反響は大きく、多方面の方々から声を掛けて頂き素敵なご縁にも繋がりました。弊社を取り上げていただき本当に感謝します。この場を借りてお礼申し上げます。
 
 このようにがむしゃらに走り抜けた1年目でもありましたが、同時に利用者の皆様に助けられ、支えられた1年目でもありました。利用者が日々のお仕事を学んでいると同時に、私達スタッフにも毎日様々な ”気づき” があり、一緒に学ばせてもらっています。”スタートは誰でも初めての連続” 。そこに恐れずにチャレンジして踏み込めるか否かで未来は変わってくると思います。「スタッフと一緒にまずは経験しチャレンジしてみること」「出来る事を伸ばし、苦手な所はチームで協力しながら共に進んで行くこと」。ご本人の希望や意見を取り入れながら、特性や個性に応じた ”出来る事” にフォーカスして多方面から支援していきます。

 日常ではコロナウイルス等の影響でまだまだ様々な制約があり、当初見込まれていた上への成長は少しずつなのが現状です。そんな時にこそ地中深くに根を張り、揺るぎないしっかりとした土台(ベース)を固められることを目指し、利用者とスタッフで形成したチームは今日も走り続けています。

 まだまだ至らない点も多々ございますが、これからも利用者の特性・個性を活かした様々なチャレンジを続けて参ります。今後とも利用者の取り組みを、各種SNSやYoutubeチャンネルを通してご覧いただければ幸いです。感染対策も行いながら、随時見学や体験等も受け付けております。

 今年は卯年!ぴょんぴょんと飛躍出来る1年を目指します!

年末のご挨拶

平素より確別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

2022年も残り僅かとなりました。2023年もスタッフ及び利用者の「制作チーム」一同、「ゼロからでもできる」「新しい福祉」を加速させ皆様方にご満足いただけるサービスを心掛ける所存で御座いますのでより一層のご支援、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

年末年始は下記の日程を休業させて     頂きます。

休業日 2022年12/31-2023年1/3

「ゼロからでもできる、障がいがあってもあきらめない」 利用者スタッフ全員で制作しました!