初めての福祉サービス利用を考えている皆様へ!わかりやすく福祉サービスを説明します!

最近は【錦鯉】でいじられております。撮影者Akaは看護師だけではなく、様々な可能性を感じさせてくれます!撮影Aka

日頃より皆様方には見学や体験、お問い合わせなどを頂きありがとうございます。

スタジオライフワークの取り組みや特徴やなどを日々お伝えさせて頂いておりますが、振り返りますとどうしても働いている目線が強く出ており、初めて利用を検討される方々にはわかりにくいかなと感じましたので、あらためまして福祉サービスや弊社の取り組みなどをお伝えさせて下さい。

まず、デイサービス【生活介護】ですが、厚生労働省に記載されている内容は下記になります。

“障害者支援施設その他の以下に掲げる便宜を適切に供与することができる施設において、入浴、排せつ及び食事等の介護、創作的活動又は生産活動の機会の提供その他必要な援助を要する障害者であって、常時介護を要するものにつき、主として昼間において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の必要な日常生活上の支援、創作的活動又は生産活動の機会の提供その他の身体機能又は生活能力の向上のために必要な支援を行います。”

【対象者】

地域や入所施設において、安定した生活を営むため、常時介護等の支援が必要な者として次に掲げる者 (1) 障害支援区分が区分3(障害者支援施設等に入所する場合は区分4)以上である者
(2) 年齢が50歳以上の場合は、障害支援区分が区分2(障害者支援施設等に入所する場合は区分3)以上である者
(3) 生活介護と施設入所支援との利用の組合わせを希望する者であって、障害支援区分が区分4(50歳以上の者は区分3)より低い者で、指定特定相談支援事業者によるサービス等利用計画案を作成する手続を経た上で、市町村により利用の組合わせの必要性が認められた者”

引用 厚生労働省 福祉サービスについて

具体的な1日の流れを書いていきますと、送迎を行い皆さんのお家へ迎えにいきます。自宅での検温、健康観察を行いデイサービス事業所に着いたら、血圧や体温、酸素飽和度などを測り、体調を確認します。

皆さんの障がいや病気の情報を元にさまざまな視点から食事や生産活動などの取り組み方も考えていきます。もちろん皆さんの個性も含めて一緒に考えていきます。

トイレや移動、食事などにサポートが必要な場合にはスタッフが対応します。自助具やセッティングが上手く整えば一人で出来る場合もありますね。まずは安心して過ごせる事を確認しながら行っていきます。

血圧測定などが終わりましたら、生産活動に取り組んだり、デイサービスの活動内容に参加していきます。スタジオライフワークでは、【学ぶ】【チャレンジ】【楽しむ】を利用者の皆様とスタッフが一つの【制作チーム】になります。

YouTubeスタジオライフワークチャンネルをご覧になるとわかりやすいと思いますので、ご覧くださいね!

スタジオライフワークYouTube

活動後には帰りの送迎になります。各家庭、各利用者のニーズがありますね。お仕事であったり、障がいや医療ケアなど、それらに向き合い検討を重ね、なるべくスムーズな送迎の内容を検討致します。また、帰りの送迎時には振り返りや次利用時のお話しなど、【学び】を確認します。事業所では各スタッフが情報を共有し、次のチャレンジへ活かしていきます。

撮影練習時の一枚です。モデルAka/撮影石川
撮影もモデルもこなします!石川さんいつもありがとうございます!モデル石川/撮影HIRO4
喜びを表現するんだーと、何度もジャンプしてもらいました!モデルHIRO4/撮影町田

スタジオライフワークでは活動内容が様々なものがあります。

  • ラジオ番組制作
  • ラジオ出演
  • 調理 料理撮影
  • YouTubeチャンネル番組制作
  • 小物制作販売
  • 撮影アシスタント
  • 撮影業務
  • 編集
  • 撮影時に使用する小物の制作
  • 地域のcafeなど店舗業務のお手伝い
  • 動画制作

ハードルは高く感じるかもしれませんが心配しないで下さいね。私たちは【制作チーム】なんです。一緒に取り組み 学び 出来る事から行います。障がいの特性を理解し、皆さんの個性を活かす工夫をしていきます。

次に就労継続支援B型ですが、長いので次回の記事に致しますね

2022年1月よりスタート致しました。詳細は次の記事に書いていこうと思います!上記の業務に加え、今年はデイサービスと就労継続支援B型にて様々な業務を加速させるた為にいくつかの機材と企画を導入致します。面白い内容の業務を企画中ですので、皆さん遊びに来て下さいね!

生活介護と就労継続支援B型の面白さ!もうダメかも、弊社ホームページとブログは色褪せて見える!YouTubeチャンネルの力。

スタジオライフワークでは、生活介護【デイサービス】と就労継続支援B型事業を取り組ませて頂いております。

最近は、見学や体験などお越し頂き利用へ繋がる方々が増えてきました!ありがとうございます。

もうダメだ!弊社ホームページ、ブログが色褪せてしまう!

ごちゃごちゃブログで語るより、制作チームの取り組みが伝わります!どうぞご覧下さいね!

特別支援学校の生徒の皆さんへ、卒業生のRYOさんが「ゼロからでもできる」 障がいがあってもあきらめない今までの取り組みのお話をさせて頂きました!と、福祉の講演のきっかけはこうだった!

皆さんこんにちは!今回は特別支援学校の生徒の皆さんへ、RYOさんが現在まで取り組んできたことや、苦労したことなど準備から当日までの様子を前編 後編に分けてYouTubeスタジオライフワークデイサービスにて放送致します。

事の始まりは、代表町田が沖縄市より「福祉」 のお話を子どもたち向けにお話しして欲しいという、学校の授業の一環がスタートでした。

子供達に将来のお仕事を伝える事がメインでしたが、障がいのある方の立場、目線からの話も一緒に伝える事で子どもたちには福祉と障がいの理解が深まるのではないか?と思い、「りょー町田さん30分喋るから残りの30分はりょうがお話ししなさい」 と丸投げしました。笑

お話しする事と、伝える為には写真や文章などを用いてスライドなどを活用すると、障がいがあり、話す事が難しくても伝える工夫が出来ると伝えスライド制作も今では上手くなっています。

いくつかの小中学校で講演を二人で行う事が増えていきました。そんな中子供達の反応がとても素晴らしかった事を覚えています。

施設がバリアフリーではなく、エレベーターも無い場合、車椅子のお友達は学校に通えなくなるかもしれません、皆さんならどうしますか?の問いに子供達はこう答えます。「僕がおんぶする」「皆んなで助ける」 「エレベーターが無くても協力すれば大丈夫」 できない理由を考える事では無く、普通に解決する方法を子供達は無意識に答えるのです。講演時に何度か泣きそうになり、これからの未来も悪く無いなーと嬉しくなったものです。

そこから少しずつ広がり、ソーシャルワーク専門学校をはじめ専門学校での授業に参加なども行いました。ご依頼頂いた皆様ありがとうございました。

そんなこんなで、今では若い後輩たちの為にRYOさんはコロナに負けず努力をしております。関係者の皆様ありがとうございます。

今日も一日笑顔で、楽しく過ごしましょう!

そのままのあなたで良いのです!個性を見つめた生き方に挑戦中です。YouTubeチャンネル更新!

皆さんこんにちは、スタジオライフワーク代表町田です。studio lifeworkでは利用者とスタッフが一体となり、様々な活動に取り組んでおります。

デイサービスの活動の中にお仕事(生産活動)を取り組み、学び、成長へと繋げます。

今回の動画では撮影に使用する小物の制作や、個性を見つめその方の生き方を尊重しながら日々の活動へ繋げて行く動画です。どうぞご覧下さい。

撮影に使用する小物を一生懸命に作っていただきました!ありがとうね。撮影頑張ります!

撮影から編集、企画内容などを利用者とスタッフが一生懸命に取り組んでおります。よろしければ「いいね」 とチャンネル登録よろしくお願い致します!

新年のご挨拶と2022年の事業計画

あけましておめでとうございます。昨年は皆様方のお力添えのお陰でスタジオライフワークデイサービスのスタートをする事が出来ました。

コロナの影響で厳しい中、スタッフ全員が力を合わせ様々な新しい取り組みにチャレンジする事で多くの方々から反響をいただき、利用者の方々からは「楽しい!」と嬉しい 応援を頂いております。

また2021年はテレビ局からの取材のオファーを頂きまして、私たちの取り組みを多くの方々へ伝える一歩となりました。利用者の皆さんとスタッフの笑顔がとても嬉しく感じています。

ドタバト忙しい2021年でしたが、皆さんのおかげで無事に2022年を迎える事が出来ました。ありがとう御座います。また、2022年1月1日より就労継続支援B型がスタート致しました!こちらもデイサービス同様、全国平均工賃以上のお給料です。それに伴い、「新しい女性スタッフ」も増えました! 皆さん楽しみにして下さいね!

新年のご挨拶、スタッフが一生懸命制作しております。

2022年は福祉業務の基礎固めと新しい形の取り組みの加速を目指します。スタジオライフワークのスタッフは経験豊富です。介護福祉士取得率80%以上に加え、サービス管理責任者2名、相談員、看護師及び喀痰吸引等指導看護師を含み、叩き上げの経験豊富なスタッフ達ばかりです。コロナに関してもマニュアル作成からスタッフミーティングを随時行い、現場での対応から各関係機関との連携などきっちり取り組んでいます。安心してご利用出来ます。

通常業務に加え、コロナ感染対策から新しい形の福祉 生産活動へスタジオライフワークスタッフは全力チャレンジ、サポート致します。お問合せから見学まで、ご連絡頂けましたらしっかりとサポート致します。

2022年は昨年から取り組んでいる事業を加速させる為に申請していた件が無事採択され、利用者とスタッフの生活向上に向け、コロナ禍でも負けない新しいチャレンジをします。

また、昨年よりスタジオライフワークのスタッフは勤務時間外に様々なチャレンジを行い、「ゼロからでもできる」 事を体現する1つとして「プロカメラマン」デビューします。内容はスタジオライフワークYouTubeチャンネルにてお知らせ出来るかもしれません。数ヶ月以内にはもう一人鍛え上げ、カメラマンが増える予定です。

2022年、スタジオライフワークではラジオ番組も増えます。パーソナリティ募集中!です!企画から制作放送までプロの方々のサポートも受けながら「学び」 「成長」 しましょう!

という事で、仕事します。

本年度もよろしくお願い申し上げます。

スタジオライフワーク代表 町田守邦

クリスマスイブ!この作品は全然ハードル高くありませんよ。ー!と年末のご挨拶。

利用者とスタッフの皆んなで制作

「ハードル高いと感じてしまう」 とよく言われてしまいます。が全然違いますよー。簡単なんです。万能な人間なんていません。出来ることをできる人が行うのです。

利用される方々の障がいは様々です。手足が上手く動かない方や動いても少ししか動かない。難病など様々な疾患と日々向き合っています。

この作品は、スタートは全員で作る事が目標でした。まずどのような作品にするのか?又は商品にするのか?です。これは、考える事や感じる事、思った事を皆んなで話しします。簡単です!僕がカメラマンなので、写真を使った作品でありたいと伝え、クリスマスが近いので「楽しい」 「夢」 「ドキドキ」 などイメージをみんなと話していきます。連想ゲームですね。

次に、お菓子やケーキ、サンタやトナカイが話の中で出てきて、それを沖縄、街、福祉や世界など表現する事が決まっていきます。この「皆んなで感じて考える」 は、あなたでもできます。

その、皆さんの感じた事や考えた事を「まとめる」 事や「この形で行く」 と組み立てていくのは、できる人がやればいい!僕やデザイナーであるRYOさんがやります。

そこから、登場する街並みやサンタは手作りのお菓子がいい!という事でお菓子は皆んなで作りました。レシピがわからなければ皆んなで調べ、小麦粉を混ぜることができなければ誰かが支え、誰かが混ぜる。麻痺があっても障害を理解し、お互いが支え合えば出来るのです。

お菓子が出来上がったら撮影です。皆さんでもできます。デジタルを活用する事で、テレビで放送されたように障がいがあっても可能です!今回は僕が撮りました。アシスタントのスタッフはシロップ、お菓子まみれでした!笑

撮った写真をどう並べるのか?僕自身も初めてであり、試行錯誤の繰り返しでした!みんなの頑張りを形にするので、諦めるわけにはいきません。RYOさんとも「こんなはー?」 「いーねー」 スタッフに確認し、皆んなのイメージはー?など、ゼロからでもチャレンジし、デザインする事はみんなの個性を活かすことでもあるのだと、色々学ぶ事もありました。

スタジオライフワークデイサービスでは、皆さんの個性を活かし、障がいがあってもあきらめない取り組みをおこなっております。ハードルは高くありません。あっても皆んなで超えていくのです。

それから、スタッフおよび利用者の皆様、ご家族の皆様と関係者の皆様、本年はコロナ禍の中世界中が大変な中、スタジオライフワークデイサービスにご理解と御協力を賜りありがとう御座いました。

2022年も弛まずしっかりと新しい福祉を作り上げるために、スタッフ一同しっかりと取り組ませて頂きます。今後とも宜しくお願い申し上げます。

studio lifework代表 町田守邦

studio lifeworkデイサービスとは?

皆さんお疲れ様です。スタジオライフワークデイサービス代表町田です。皆様方のおかげで福祉に携り、20年余りお仕事をさせていただいております。10年程かけて感情と経験と現実を感じ、2021年6/1にたくさんの人々の御協力の元スタートさせて頂きました。

スタートより、5ヶ月が過ぎました。色んな方々とお話をする機会を頂きました。利用される方々やご家族、メディア、特別支援校の先生方など沢山のお話をさせていたました。過去には利用者でもある瑞慶山良さんと一緒に沖縄市内小中学校をはじめ、ソーシャルワーク専門学校 沖縄総合医療学院などで、「福祉」 についてお話をさせて頂きました。福祉スタッフよりも、利用される当事者の方の話の方が伝わる事があると感じたからです。御協力頂きました皆さま、ありがとうございます。

デイサービスがお休みの日には全力で撮影に取り組んでいます。代表には週40時間勤務などの規定がありません。休む事なく働きます。笑   それを利用者の生産活動からお給料へ繋げる、夢へ広げて欲しい事とスタッフの仕事とお給料へ繋げる為です。

まだまだスタートしたばかりの小さな事業所ですが、現場スタッフの人事はどこにも負けない自負があります。当事業所のスタッフは「叩き上げ」 です。ゼロからスタートし、様々な経験を体験したのち資格を取り現在に至ります。他事業からの参入でも無く、現場を経験した事の無いスタッフは役員にも役職にも簡単には就けません。

当事業所のスタッフは厳しい現場を経験し、そこから介護福祉士、サービス管理責任者、管理者へと実績、経験のあるスタッフです。医療に関しても経験豊富な看護師が軸であり、管理者などの経験もあります。

重要なのは、「人間力」。 利用者と向き合う事と利用者を真ん中に置くこと。支援、介護する側の価値観が真ん中では良くありません。サービス管理責任者、相談員研修時の内容でも良く語られる内容です。

運営、経営にしてもそうあるべきです。利用者を真ん中に見据え、制度を理解し最善策をチームで考え解決策を検討する。そこから「トライアンドエラー」 結果を出します。失敗でもかまいません次に必ずつながります。僕自身の中にそういうこだわりがあります。それは、僕自身の経験したいくつかの事業所は制度を守らなかった事と「相談員」 をはじめ「サービス管理責任者」 「管理者」 の業務を理解できていない事が現場スタッフを疲弊させてしまいました。会社が制度を理解できていない事業所だったからです。批判ではありません。そこに居た僕自身の責任でもあります。

人員配置基準を満たさないで、運営した事業所は過去にいくつもありますね。その中で会社の為、利用者の為と奮起し、全力で取り組まれた「サービス管理責任者」をはじめ、 「管理者」 「支援スタッフ、介護スタッフ」 は相当な苦労を強いられ、疲弊してしまい福祉から離れたスタッフは少なくないと思います。

スタジオライフワークデイサービス、studio lifeworkは子ども達に説明のできる「福祉」 を提供致します。そこから、「給付」 だけの「福祉」は目指しません。次の福祉にチャレンジします。なぜならば、日本は人口も減り税収も下がります。「福祉」 が厳しくなる事は今に始まった事ではありません。強くなければ助ける事ができません。

スタジオライフワークデイサービスは、次の福祉にチャレンジしています。「個性を活かしたチーム作り」 「人間力とデジタルを活かした制作チーム」 「障がいがあっても諦めない」 「誰よりも楽しく生きる」 「ゼロからでとできる」 という実践。障がいがあっても諦める事なく生きがいを持ち、夢に繋げる環境を作ります。

まだまだ未熟な部分もあると思いますが、末永く宜しくお願い申し上げます。

Studio Lifework デイサービス 開所のご挨拶

Studio Lifework デイサービス 開所のご挨拶

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 さて、このたび弊社では、令和3年6月1日より生産活動、自立、チャレンジに力を入れた生活介護事業所「 Studio Lifework デイサービス 」を開所させて頂くこととなりました。弊社は障害者を取り囲む環境をより良いものとし、ご家族様にも喜ばれる明るいケアを目指しております。その一つの取り組みとして、障害や疾患等の理由により働くことを諦めるのではなく、「 ゼロからでもできる・今からでも出来る 」をコンセプトに、人間力とデジタルを駆使した生産活動の機会の提供、左記を行う上で必要な知識の獲得及び能力向上の為の練習・訓練をする場所にしたいと考えております。

 その他、地域に根差したきめ細かいサービスと、お一人お一人の利用者を親身にケアさせて頂く真心をモットーに、「 自分を活かすための場所 」を利用者様と共に作り上げていけるよう従業員一同従事、努力させて頂く所存でございます。

 つきましては、本日開所のご挨拶とともに、サービス事業内容をお知らせするパンフレットをお届け致します。

まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。

敬具

合同会社 Studio  Lifework

Attachment.png