相談支援事業の名称を募集致します。

皆さんこんにちは!本日より相談支援事業の名称を募集致します。

新規事業相談支援事業所
名称募集コンテスト!
応募期間2022.9/13-9/20
賞金1万円

応募方法1事業所名
2名称の理由や思い
3あなたの氏名と連絡先
上記をティッシュのハコやチラシ、メモなどに記入してスタッフへお渡しご応募ください
発表は2022.9.21スタジオライフワークホームページSNSにて

沢山のご応募をお待ちしております。

宜しくお願い申し上げます!

沖縄市の取り組みが嬉しいぞ!と働くことの意味をあらためて考える

下記沖縄市のリンクとなっておりますので、皆さんご覧下さい。

沖縄市介護職員初任者研修等受講費用助成金について

法人や個人も福祉について取り組みやすい環境になりますね。

嬉しい反面、障害者総合支援法ではまだまだ課題はあると思います。保育所や介護保険の制度も様々な課題があると思います。多くの法人が経営努力を行いながらも、黒字の法人は50%から60%程度ではないでしょうか。経営者に毎月届く資料を拝見しますと調査方法は定かではありませんが、いくつかの福祉事業の数値を読みますと簡単ではありません。

そこも踏まえて、スタジオライフワークでは利用者とスタッフの制作チームで、給付以外の力を身につけることにも日々全力です。働く人々と利用される方々が自立に向けた取り組みをしなければ幸せにはなれません。

皆さんの会社はどうでしょうか?自身の時間とお給料を大切に考える事も大切ですが、皆さんの会社の事業は皆さんのお給料や維持費、利用される方々の居場所を継続できるでしょうか?

会社はみんなのものですが、会社のことはいつのまにか忘れてしまってはいないでしょうか?働く環境を維持して、向上させる事が利用者の方々の居場所を維持し、尚且つ皆さんの仕事が生まれていくわけです。お互い様の心を忘れてはいけません。

制度をはじめ、経営者や働く関係者が創意工夫を行わなければ今後税収の減るリスクの高い日本はますます厳しくなると考えまてしまいますが、私たちが諦めずに取り組むことによって、今後の若い福祉を志す世代や子供達により良いものを残す事ができると信じ、明日も頑張りたいと思います。

説教じみたブログですが、お読み頂きありがとうございます。それから今日一日働いて頂いた制作チームの皆様ありがとうございました。これからも代表町田は休む事なく働きます。

沖縄市とコラボした時の一枚です!石上さん、ミムちゃんみーちゃん、97くんありがとうね

一周年!関わった多くの皆様に感謝!合同会社studio lifeworkは皆さんの応援の力で大きくなりました!もっと大きくなります!

弊社ロゴマークDesign RYO

スタジオライフワークデイサービスは2022年6月1日!一周年を迎える事が出来ました!皆様方のおかげです!ありがとうございます。

一年を振り返りますと色んな事がありました。コロナの影響が厳しい中での福祉事業スタートは、銀行や公庫での融資申込さえも通常とは違い自己資金などのハードルも上がり、何度も諦めかけたこともありました。その度に「福祉で働くスタッフ達のお給料をはじめ、利用される方々のお給料ももっと良いものにし、生きがいと夢に繋げるんだ!」「給付だけの福祉では無く、新しい形を今取り組まなければ障がい者の方々と働く人々は苦しいものになってしまう」「楽しい力のある福祉を作るんだ」奮起しておりました。

自己資金を作るために4つの仕事に取り組みました。葬儀関係のお仕事から福祉、カメラマン、道路工事など必死でした。面白かったのは道路工事の仕事でした。面接時には素人である自分に「人手不足だけど本当?」やはり先方も仕事なので不安もあったと思います。それでも「今稼がなければ福祉事業をスタートすることはできない、お願いします!」と側から見れば訳の分からない事を言っていたと思います。こんな自分を道路工事のお仕事に無事採用して頂き仕事が始まりました。

初日はグループで現場へ向かい、仕事を習いながら取り組みました。現在はマニュアルや4トントラックなど運転できる人材が少ない為、何も分からないままトラックの運転でした!僕からすると楽しくてしょうがない経験でした。グループの中にブラジルの方が居り、「日本人?!信じられない!」と外国の方から綺麗な日本語で言われました。笑 話は変わりますが、土木関係や建築関係の職人の方々は凄まじい職人気質でした。朝は早く仕事中は喋らない、工事を進める為に遅れようものなら許さねーみたいなあの空気感は今思い出してもドキッとします。陽が上がりますと暑い為早く綺麗に仕上げようと目つきもギラっとします。素人ですから軽作業の仕事でしたが、ブロックや舗装を少しでもずらしたり壊そうものなら「てめーがやったんだから自分で責任持って対応しろー」と怒られます。おっしゃる通りです真っ直ぐすぎて納得でした。「働くってそうだよな」「分からないけど全力で取り返そう 直すんだ」と必死でした。逆に炎天下の中影も無い仕事なので「水飲んで」「大丈夫かー?」などの体調管理に気を遣うことや、工事の最中騒音の中疲れてぼーっとしていると工事車両からクラクションが大音量で飛んできます。ぼーっとしていると怪我や事故に繋がるからです。

どの仕事もそうですが、生きている心地が気持ちよかったのです。陽が上がる前に現場へ行き、素人の自分は次の展開が読めない仕事であり、誰かを頼ることなく仕事を盗み「させてください」と言わなければ仕事はさせてもらえませんでした。「必死」が集まるとこんなにもパワー溢れる時間になるんだと感じました。

カメラマンの仕事ではこういう事がありました。ヘトヘトになりながら過ごす中、あるきっかけで繋がった方から成人式前撮り撮影のお仕事を頂く事になりました。カメラマンのお仕事は依頼される方のイメージに添えなければなりません、もちろん個性も必要ですが、仕事を受ける訳ですから写真家の方々のように唯我独尊では簡単ではありませんでした。

初日は思い出すのも恥ずかしい内容でした「8件中6件は最悪ですね!」とバッサリ切られました。僕にもプライドはありますが「グッ」と堪えました。その方は事業を責任を持って取り組まなければならないからです。お客様が購入したくなるような一枚、人生に一度の成人式です。「自分が足りていない」そこからは無我夢中でした。経験のある先輩カメラマンのところへ行き、練習からどう撮るべきか自問自答と過去から現在のあらゆる写真を見ては表現に悩んだり、評価がうまく出れば何が良いのか見直す日々でした。そんな中、数ヶ月後にはメインカメラマンとして撮影に入ることを認められ繋げて頂いた方々と認めて頂いた方々に「必ず恩返しをするんだ」と現在でも取り組ませて頂いております。そこから利用者の方々の「お仕事」「お給料」も生まれました。

2021年6月1日福祉事業スタート前には会社設立から資金の準備などわからない事も多く、皆さんをはじめ周りの仲間たちに様々なサポートを頂きました。あらためて感謝申し上げます。

スタートしてからはスタッフには本当に苦労をかけました。給付だけの福祉では厳しいだけだ!と看護師にはGOPROと動画編集、スタッフにはカメラ撮影技術、経理をはじめアシスタントから小物製作など「新しい福祉」を作る為に本当に本当になんでもさせました。その上「youtube」「ラジオ番組制作」を加え利用者とスタッフの制作チームで強くなろう!と。

コロナの影響を含め事業収支が厳しい中、代表である自分は役員報酬(お給料)0円で臨み、税理士さんや取引先からは「スタッフの給料は高めですから下げてはいかかでしょうか?」と言われ「スタッフはこれだけの価値がある」と喧嘩もしました。

こんな状況でしたから、「経営や販売、マーケティングなどの専門家の方々とお話しされてはどうですか?」と勧められ、国の制度でさまざまな分野の専門家と無料相談できる事を教えて頂き、多くの気付きを頂きました。指摘された事をスタッフ一丸となり、実行する事で少しづつ反応があり利用される方々も増えてきました。ありがとうございます。目標にはまだまだですが、取り組んだ分の結果が出てきております。今後も継続して取り組みたいと思います。

福祉業務から代表業務、撮影から現像 アルバム制作までの日々の中、「休日」は年が明けるまでありませんでした。笑 皆さんには年休はありますが、代表にはありません!それでも楽しくてしょうがないのです。新しい福祉を作り、スタッフと利用される方々、ご家族が幸せになるようしっかりと取り組みます。

スタジオライフワークは沖縄市中央にありパークアベニュー、KOZAという立地が面白く、さまざまな社会参加が可能です。

図書館 公園 ラジオ局 商店街 ライブハウス 映画館 プロレス ダンス 石鹸屋さん 市民会館 肉屋さん ソーセージ屋さん ピザ屋さん 眼鏡屋さん 珈琲屋さん 銀行 郵便局 花屋さん 楽器屋さん ケーキ屋さん ミュージックタウン 沖縄アリーナ コザ運動公園 コザ信金スタジアム 信金ドーム 沖縄市立博物館 こどもの国 沖縄市戦後文化資料展示館ヒストリート ステーキ屋さん 沖縄市役所 病院 市の委託事業所やランチを楽しめる店舗も多くあり、スタッフと利用者の「女子会」も行いました。

「社会参加」をはじめ「学び」が沢山あり今年度は様々な活動にチャレンジしたいと考えています。

今年も休む事なく、代表は誰よりも動き回り前へ進みます。

スタッフへ代表に欠けているものはないかー?と聞いた所「あえていうなら片付けですね」とご指摘を頂きましたので直していきたいと思います。

とにかく、一周年を迎える事ができましたのは皆様方、スタッフ利用者の「制作チーム」のお陰です。ありがとうございます。

今後ともstudio lifework・スタジオライフワークデイサービス・就労継続支援B型スタジオライフワークを末長く宜しくお願い致します。

一年かけて取り組んだnanamiさん。描き続けて形にしました!

皆さんおはようございます。今日5/31 沖縄タイムスに掲載されておりますnanamiさんの記事をご覧下さい!

2022.5/31掲載 沖縄タイムスさんありがとう!

昨年よりずっと「世界中の子供達やコロナで困っている人たちに役立てたい」 とnanamiさんは描き続けました。優しい作品は少しずつ売れていき今回の取り組みにつながりました。

またスタッフもどのような形にするべきか?販売方法や商品化など様々な取り組みを日々積み重ねてくれました。皆さんお疲れ様でした。

スタジオライフワークでは、個性と学びを様々な形で表現していきます。これからも末永くよろしくお願い致します。

シアタードーナツで学ぶ

先日4/19にシアタードーナツにて【平和】【平等】【公平】をキーワードに、講話をして頂きました。様々な視点のお話は参加者を魅了し、楽しく学ぶ事が出来ました。

スタッフと利用者+ミムちゃんミーちゃんも参加しました。制作チームで、学ぶ事により今後のチームワークや一体感の向上なども期待できますという、代表の狙いもあります。

シアタードーナツ🍩代表宮島真一さんとスタッフの方は、開始前より丁寧な対応をして頂き終始穏やかで楽しく学ぶ事が出来ました。ありがとうございます。

利用者とスタッフ、ミムちゃんミーちゃんはお互いに感じた事をお話ししたり、スタジオライフワークからシアタードーナツ迄の移動時には皆んなで楽しく過ごす事が出来ました。アンネさんは移動時から講話時にも周りを元気に盛り上げておりました。凄く明るいパワーです!

シアタードーナツ代表宮島真一さんの平等と公平のお話の時には凄く考えらされる内容で、利用者はじめスタッフも真剣な表情で聞き入っておりました。次回も企画し、スタジオライフワークでは様々な学びを通して成長していきます。今後とも宜しくお願い致します。

また、シアタードーナツではゴールデンウィークも営業されているとの事です。皆さんも是非シアタードーナツで🍩映画鑑賞をお楽しみ下さい。とても素敵な映画館です。

こう見えても同級生!笑

FMKOZA RADIO&CAFE BAR1周年!企画が凄すぎる

FMKOZA RADIO&CAFE BAR
1周年記念で、トートバックと美味しすぎるお弁当のセットを頂きました!素晴らしい!

オーナーの荒木さんには、合同会社studio lifework設立前より大変お世話になっております。会社設立前後には、様々な部分で協力やアドバイスを頂き、福祉の理解から交流なども積極的に繋がってくれています。ありがとう!

FMKOZA RADIO&CAFE BARのメニューはドリンクを含め美味いものしかありません!ランチをはじめ夕方からは美味しいアルコールなども充実しております。ビールの種類も豊富で楽しめます!皆さんも是非!FMKOZA RADIO&CAFE BARへ行ってみてください。

今日はFMKOZA RADIO&CAFE BAR1周年記念プレゼントありがとうございました!ありがとう!
皆んなで美味しく頂きました!

トートバッグと美味しすぎるお弁当にみんな喜んでいました!

ドリームキャッチャーCMメイキング動画 笑顔が嬉しい

動画アップいたしました。どうぞご覧下さい。スタッフ利用者の制作チームの頑張りが垣間見れます。

CMメイキング動画

ゼロからでもできる!とスタッフにYouTubeチャンネル制作スタートから数ヶ月が経ちます。スマホやアクションカメラなどの使用からはじまり、利用者とスタッフの真剣な眼差しなど、日常を切り取る事がスムーズになり編集ソフトもいくつか使えるようになっております。

現在ではコメントを頂き全員で喜んでおります。視聴されている皆様ありがとうございます。再生数が目的では無く、障害があっても諦めない事や個性を活かす事で誰でも生きがいを持ちイキイキと過ごせるんだと伝えたいのです。1人でも多くの方に伝われば幸いです。

取り組む事によるメリットは予想以上でした。撮ること撮られることを学び、ひとりひとりの魅力を再発見する事や、制作する作業の中で、「わたしにもできるかな?やってみたい」 という自発的な行動に繋がる事など、色んな連鎖が生まれています。

編集ではタイピングや文書による伝える事の再確認、構成や言葉による表現の学びが大きいです。取り組んだ分成長も感じられます。また、小物制作の工夫や、スキルアップをはじめ販売方法などもスタッフ利用者で模索しております。新しいチャレンジが日々行われております。皆さんありがとうございます。

企画、撮影、編集を継続する事は簡単ではありませんが取り組むことにより経験と自信が生まれてきております。

また一つ面白いのが、自分達の取り組んだ日々の生活を見直すきっかけがあるという事です。編集長の制作する【施設便り】が皆さんに私たちの活動をお伝えする動画となっておりますが、関わった私たちからあらためて動画を見ますと「いい顔してるねー」 「先月より凄く慣れてきてるね」 「他の方に気遣いしてる、偉い」 「集中してる姿が素敵だねー」 というような振り返りによる新しい発見、成長を感じることができます。

これからのYouTubeの取り組みは各作業をスタッフをはじめ新しい新入社員へ伝えていき、一人一人の負担をバランスよく分配していきます。前記事でもお話しした通り、技術で解決できる事を取り入れて、新しいステージを目指して行きたいと考えております。これからもスタジオライフワークYouTubeチャンネルを宜しくお願い致します。

スタジオライフワークYouTubeチャンネル

小規模事業者持続化補助金採択決定と何をするのか?「障がいの為に諦めない」取り組みの加速をするんだ!

皆さんこんばんは、合同会社studio life work代表町田です。スタッフ及び利用者をはじめ今日1日を笑顔で過ごせる事は、日頃より皆様のご理解とご協力のおかげです。ありがとうございます。

タイトルにあるように、嬉しいお知らせがございます。【小規模事業者持続化補助金採択決定と何をするのか?「障がいの為に諦めない」取り組みの加速をするんだ!】という事を少しばかりお話しさせて頂きます。

まず、小規模事業者持続化補助金とは本補助金事業は、新型コロナウイルス感染症感染防止と事業継続を両立させるための対人接触機会の減少に資する前向きな投資を行い、ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。(引用経済産業省

事業スタート時より、コロナの影響は大きくさまざまな影響がありました。「コロナだから」なんて言ってもスタッフと利用者、ご家族の皆様の生活は守らなければなりません。そのような中、スタッフや関係機関の方々とお話を行い、コロナ禍の厳しい状況でも明日を作る事に対し、「何が出来るのか?」毎日考えていました。様々な情報をスタッフ全員で吟味し、当たって砕けろと!取り組む中今回の「小規模事業者持続化補助金」の申し込みに至りました。

申し込めば採用なんていうものではありません、申請後に様々な基準及び取り組む内容をはじめ、必要経費の必要性などが判断されます。各業界の専門の方々も「厳しい、逆に採択された場合には教えて欲しい」なんて言われました。専門家の方々もそもそも福祉事業の理解も深くは無く、その福祉事業の当たり前を変えるんだーと前例がない弊社の取り組みを理解して頂くにはまだまだ時間が必要なのかもしれません。

色々ありますが、採択して頂けましたので邁進するだけです。大人の私達が若い世代、子供達に「チャレンジしている事を伝える」表現するターンにきました。計画通り実行し、実績を作り上げるチャンス到来です!利用者とスタッフの制作チームで取り組み一丸となり、世界へチャレンジしていきます!

今回の「小規模事業者持続化補助金」の内訳内容は、主に【障がいというマイナスをプラスにする】【道具や技術を活用する】簡単にまとめますと障がいがあっても無くても道具や技術を理解して、使いこなそう!という事になります。今回の結果はスタジオライフワークスタッフ、関係者の皆様のおかげです。ありがとうございます。

自立は必要ですが、全てにおいて自立している人はいません。野菜は世界の誰かが栽培し、ガソリンは世界の誰かが輸入しています。一人の人間の出来ることは限られています。人として支え合い、技術や道具を活用し補えば私達はもっと強くなれます。

私達「studiolifework【スタジオライフワーク】」では個性を活かす事を念頭に日々取り組ませて頂いております。スタッフに関しましてはお給料はどのようにしてあなたの元に来るのか?鋸や包丁は職人自身で購入するけれども、ボールペンはなぜ?自身で購入しないのか?など直球やカーブをを織り交ぜて取り組ませて頂いております。意地悪に聞こえるかもしれませんが「何となく」判断してしまうことが一番不安に感じます。正解は一つではありませんが、スタッフ一人一人が、自立や福祉、会社の事をあらためて考えて欲しいのです。

話が少し逸れましたが、「小規模事業者持続化補助金」を進行するにあたりまたしても「コロナ」の影響が大きく出てきました。それは昨年申請時より計画していた機材がコロナの影響によって定められた期日内に納品できないという事が起きてしまい、今現在修正に追われております。目的である障がいがあっても諦めない、ゼロからでも出来るをモットーにブレずに進行していきたいと考えております。

今回チャレンジしております内容及び実績は今年、来年へと広がり皆さんへお伝えする事ができるよう全スタッフ全力で取り組んでいきます。色々勝手にお話ししておりますが、要は「個性を活かす為に必要な道具と技術が増えますので全力で遊び、全力で実績を作ります」

今日も一日ありがとうございました!

スタジオライフワーク代表町田でした!

YouTubeチャンネル更新しました。【施設便り】イキイキとした笑顔が嬉しいのです。

皆さんおはようございます。スタジオライフワークYouTubeチャンネル更新のお知らせです。スタッフと利用者の制作チームが元気に取り組んでいます!

今回の動画ではスタジオライフワーク店舗近くの写真が多く使われています。桜が咲いた後に入れ替わるように【イペーの花】が咲き誇っています。

晴れた日に近隣を散歩しながら撮影しました。写真を楽しみながら操作に慣れていきます。また、一緒に取り組むことによりスタッフと利用者のチームワークも広がりお互いを理解する良いきっかけになります。

ラジオ番組ではコロナ禍の中、ラジオ局らの放送では無く収録にて行う為に編集作業が多く入り、RYOさん、スタッフは忙しい中頑張っております。頑張った分技術も身に付きます!ファイトー!

時には近隣散策もします。心身のバランスを良い状態へ持っていきます。障がいの為に施設内のみでの活動ではなく、社会参加することも私たちの取り組みの一つです。

利用者の方々私たち【制作チーム】が作るものは利用者の笑顔と撮影のお仕事にも繋がります。アベニュー通りの花壇は、通り会へ利用者と一緒に使用許可を頂き大活躍です。

nanamiさんは自身の制作した作品を日々販売し、「困っている方々、子ども達の役に立つ為に寄付をします」 と取り組んでいます。

moeさんは、制作したYouTube動画に字幕を付け加える作業を行います。日々集中し、取り組んでいます。その作業が誰かの役に立つ事をイメージし、気を抜くことなく頑張っています。

新しく利用された大城さんは、おしゃれもすごいのと、意欲的で活発です。様々なものを制作し、お昼休みには体を動かしリフレッシュするなどスタッフ顔負けの活動をします。日々しっかりと学び成長しております。

みんなが作ったものをより良い一枚になるよう新人カメラマンも頑張っております!

という事で、ご覧くださいね!