ドリームキャッチャーCMメイキング動画 笑顔が嬉しい

動画アップいたしました。どうぞご覧下さい。スタッフ利用者の制作チームの頑張りが垣間見れます。

CMメイキング動画

ゼロからでもできる!とスタッフにYouTubeチャンネル制作スタートから数ヶ月が経ちます。スマホやアクションカメラなどの使用からはじまり、利用者とスタッフの真剣な眼差しなど、日常を切り取る事がスムーズになり編集ソフトもいくつか使えるようになっております。

現在ではコメントを頂き全員で喜んでおります。視聴されている皆様ありがとうございます。再生数が目的では無く、障害があっても諦めない事や個性を活かす事で誰でも生きがいを持ちイキイキと過ごせるんだと伝えたいのです。1人でも多くの方に伝われば幸いです。

取り組む事によるメリットは予想以上でした。撮ること撮られることを学び、ひとりひとりの魅力を再発見する事や、制作する作業の中で、「わたしにもできるかな?やってみたい」 という自発的な行動に繋がる事など、色んな連鎖が生まれています。

編集ではタイピングや文書による伝える事の再確認、構成や言葉による表現の学びが大きいです。取り組んだ分成長も感じられます。また、小物制作の工夫や、スキルアップをはじめ販売方法などもスタッフ利用者で模索しております。新しいチャレンジが日々行われております。皆さんありがとうございます。

企画、撮影、編集を継続する事は簡単ではありませんが取り組むことにより経験と自信が生まれてきております。

また一つ面白いのが、自分達の取り組んだ日々の生活を見直すきっかけがあるという事です。編集長の制作する【施設便り】が皆さんに私たちの活動をお伝えする動画となっておりますが、関わった私たちからあらためて動画を見ますと「いい顔してるねー」 「先月より凄く慣れてきてるね」 「他の方に気遣いしてる、偉い」 「集中してる姿が素敵だねー」 というような振り返りによる新しい発見、成長を感じることができます。

これからのYouTubeの取り組みは各作業をスタッフをはじめ新しい新入社員へ伝えていき、一人一人の負担をバランスよく分配していきます。前記事でもお話しした通り、技術で解決できる事を取り入れて、新しいステージを目指して行きたいと考えております。これからもスタジオライフワークYouTubeチャンネルを宜しくお願い致します。

スタジオライフワークYouTubeチャンネル

障がいに負けず、楽しく取り組んでいます。

利用者Mさんの活動です。

中途障がいを抱えながら、自分で出来る事は自分でやりたい…と好奇心旺盛なMさん。

やりたいことは沢山溢れ出し、スタッフと共に制作チームの一員として色んなことにチャレンジ中です!撮影時に使う小物も色々と製作してもらっています!ありがとうございます。

自分の知識からアイディアを出し、フラワーボールや撮影に使う髪飾り等、動画を参考にしながらスタッフと楽しく活動する日々。「こんな風にやったらできると思うよ」と本人の知っている知識やアイディアを出してもらい小物作り等、スタッフと楽しく作業されています。

作品の一つ一つは自信として積み重なっているように思います。

また、今後はダッシュ村の様な事もしてみたい…と計画してるようです。

スタッフは島流しされるのかな〜笑

乞うご期待!

活動する喜びはスタッフの喜び。

ブログに載せて色んな人に届けこの思い!

感染症対策をして体験、見学お待ちしています。

初めての福祉サービス利用を考えている皆様へ!わかりやすく福祉サービスを説明します!

最近は【錦鯉】でいじられております。撮影者Akaは看護師だけではなく、様々な可能性を感じさせてくれます!撮影Aka

日頃より皆様方には見学や体験、お問い合わせなどを頂きありがとうございます。

スタジオライフワークの取り組みや特徴やなどを日々お伝えさせて頂いておりますが、振り返りますとどうしても働いている目線が強く出ており、初めて利用を検討される方々にはわかりにくいかなと感じましたので、あらためまして福祉サービスや弊社の取り組みなどをお伝えさせて下さい。

まず、デイサービス【生活介護】ですが、厚生労働省に記載されている内容は下記になります。

“障害者支援施設その他の以下に掲げる便宜を適切に供与することができる施設において、入浴、排せつ及び食事等の介護、創作的活動又は生産活動の機会の提供その他必要な援助を要する障害者であって、常時介護を要するものにつき、主として昼間において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の必要な日常生活上の支援、創作的活動又は生産活動の機会の提供その他の身体機能又は生活能力の向上のために必要な支援を行います。”

【対象者】

地域や入所施設において、安定した生活を営むため、常時介護等の支援が必要な者として次に掲げる者 (1) 障害支援区分が区分3(障害者支援施設等に入所する場合は区分4)以上である者
(2) 年齢が50歳以上の場合は、障害支援区分が区分2(障害者支援施設等に入所する場合は区分3)以上である者
(3) 生活介護と施設入所支援との利用の組合わせを希望する者であって、障害支援区分が区分4(50歳以上の者は区分3)より低い者で、指定特定相談支援事業者によるサービス等利用計画案を作成する手続を経た上で、市町村により利用の組合わせの必要性が認められた者”

引用 厚生労働省 福祉サービスについて

具体的な1日の流れを書いていきますと、送迎を行い皆さんのお家へ迎えにいきます。自宅での検温、健康観察を行いデイサービス事業所に着いたら、血圧や体温、酸素飽和度などを測り、体調を確認します。

皆さんの障がいや病気の情報を元にさまざまな視点から食事や生産活動などの取り組み方も考えていきます。もちろん皆さんの個性も含めて一緒に考えていきます。

トイレや移動、食事などにサポートが必要な場合にはスタッフが対応します。自助具やセッティングが上手く整えば一人で出来る場合もありますね。まずは安心して過ごせる事を確認しながら行っていきます。

血圧測定などが終わりましたら、生産活動に取り組んだり、デイサービスの活動内容に参加していきます。スタジオライフワークでは、【学ぶ】【チャレンジ】【楽しむ】を利用者の皆様とスタッフが一つの【制作チーム】になります。

YouTubeスタジオライフワークチャンネルをご覧になるとわかりやすいと思いますので、ご覧くださいね!

スタジオライフワークYouTube

活動後には帰りの送迎になります。各家庭、各利用者のニーズがありますね。お仕事であったり、障がいや医療ケアなど、それらに向き合い検討を重ね、なるべくスムーズな送迎の内容を検討致します。また、帰りの送迎時には振り返りや次利用時のお話しなど、【学び】を確認します。事業所では各スタッフが情報を共有し、次のチャレンジへ活かしていきます。

撮影練習時の一枚です。モデルAka/撮影石川
撮影もモデルもこなします!石川さんいつもありがとうございます!モデル石川/撮影HIRO4
喜びを表現するんだーと、何度もジャンプしてもらいました!モデルHIRO4/撮影町田

スタジオライフワークでは活動内容が様々なものがあります。

  • ラジオ番組制作
  • ラジオ出演
  • 調理 料理撮影
  • YouTubeチャンネル番組制作
  • 小物制作販売
  • 撮影アシスタント
  • 撮影業務
  • 編集
  • 撮影時に使用する小物の制作
  • 地域のcafeなど店舗業務のお手伝い
  • 動画制作

ハードルは高く感じるかもしれませんが心配しないで下さいね。私たちは【制作チーム】なんです。一緒に取り組み 学び 出来る事から行います。障がいの特性を理解し、皆さんの個性を活かす工夫をしていきます。

次に就労継続支援B型ですが、長いので次回の記事に致しますね

2022年1月よりスタート致しました。詳細は次の記事に書いていこうと思います!上記の業務に加え、今年はデイサービスと就労継続支援B型にて様々な業務を加速させるた為にいくつかの機材と企画を導入致します。面白い内容の業務を企画中ですので、皆さん遊びに来て下さいね!

生活介護と就労継続支援B型の面白さ!もうダメかも、弊社ホームページとブログは色褪せて見える!YouTubeチャンネルの力。

スタジオライフワークでは、生活介護【デイサービス】と就労継続支援B型事業を取り組ませて頂いております。

最近は、見学や体験などお越し頂き利用へ繋がる方々が増えてきました!ありがとうございます。

もうダメだ!弊社ホームページ、ブログが色褪せてしまう!

ごちゃごちゃブログで語るより、制作チームの取り組みが伝わります!どうぞご覧下さいね!

コロナ陽性、濃厚接触者で仕事を休むしか無い!その際に「年休(有給休暇)を取れ」と言う会社は今すぐ辞めるべきだと思います…と泣き寝入りしなくても良いと思います解決策の提案

 コロナ禍の中、医療・福祉業界をはじめ全ての方々が厳しい中で生活をしております。そんな中、周囲では「陽性になってしまった」 「濃厚接触者になってしまった」 との声が多々聞かれています。このご時世では例外なく誰でも感染してしまう可能性はありますが、問題はその後です。

自身や家族を守る為にやむを得ず仕事を休まないといけないケースや、福祉サービス事業所の都合によりサービスが受けられず、濃厚接触者や陽性で無いにも関わらず休まないといけないケースがあります。

 簡単にご説明しますが、勤務中に感染した場合には労災などの対象になります。また、勤務に関しては会社側は制度に沿って従業員を休まさなければなりません。どちらのケースでも、会社側はスタッフを守る為に出来る事はあるにも関わらず、対応してくれないといったケースが周囲から聞こえてきます。

 制度の中にはコロナの影響で困っている方々や、企業をサポートする介護休業や小学校休業等対応助成金などがあります。

本来、会社側が申請しないといけないものや、本人が申請できるものなどがありますが、我々はこんな時だからこそお互いが理解して解決できる方法を模索するべきと思います。その為にはまず、会社の就業規則をいま一度確認してみて下さい。実際には就業規則により、スタッフと会社を守れるようしっかりと対策を練り込んだ就業規則も存在します。

弊社 : studio lifeworkでは勤務中でのスタッフの感染をはじめ、ご家族のコロナ感染や介護の為、お子さんの学校がコロナの為にお休みになった場合…といった様々なケースに対し、スタッフが安心して休める環境作りを進めています。制度を活用してその間のお給料もしっかり保証します。スタッフありきの会社です。皆んなが安心して働けるように就業規則を作り上げております。必要時には労働局等へ申請も行います。

 感染症による社会情勢を鑑みて、会社の代表もしっかり学ばなければなりません。 スタッフを守らないような会社がどのようにして、今の時代を生き抜くのでしょうか?

長引くコロナ禍の中で、スタッフは常に最前線で働いています。今後起こりうるかもしれない【自身の感染】や【不意に濃厚接触者に該当してしまった】といった可能性を考えた場合、その恐怖に疲弊する時もあるかと思います。そんな社員の負担を少しでも軽減出来るように、弊社では感染やそれに関する事例のケース毎に、様々な状況を想定・シュミレーションをしています。実際に上記のケースが発生した場合などはスピード感をもって対応していきます。代表も管理者もスタッフも一丸となって解決策を探していきます。

スタッフが感染してしまい何も考えず【年休処理でいいだろう】と言う管理者がいた場合、私ならこう言います「仲間を守る気がないなら管理者失格だ」と。

コロナに感染してしまった場合に上記の申請などもせず、就業規則を見直してでも社員を守ろうとしない会社であったり、あなたに年休を進める会社はさっさと辞めて次の未来を考える事をお勧めします。

<下記コロナに関する労働者Q&Aより引用>

Q8.仕事を休むように言われたが、国が設けた助成制度を会社が利用してくれず、自身 の年次有給休暇を使うように言われた。
A8.年次有給休暇は労働者が自由に取れるものであり、会社都合で休業をさせる場合 は、休業手当の支払いが必要です。「雇用調整助成金」の活用で賃金補償を求めてく ださい。休業手当をもらえない労働者については、「新型コロナ対応休業支援金・給 付金」を利用してください。

まず、年次有給休暇は、原則として労働者の請求する時期に与えなければならないもの なので、使用者が一方的に取得させることはできません。さらに、仮に年次有給休暇で対応したとしても、使い切ってしまったら以後は欠勤扱いとなり、労働者にとっては、収入が途絶えることになり死活問題となります。
手続きが煩雑という理由で、雇用調整助成金を利用したがらない事業者が多いのも事実です。しかし助成内容が大幅に拡充し手続きも簡略化されており、ネットでの申請も可能です。改めて会社に対して国の助成制度を活用してもらい、労働者が不利益に対して使用者は誠実に対応していただくよう求める必要があります。詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kurashiyashigoto.html#h2_2

厚生労働省


 また、事業主の指示を受けて休業した労働者(雇用保険に加入していない学生アルバイ ト、日本国内で働く外国人の労働者、技能実習生も含む)で、会社が雇用調整助成金等を 利用せず、労働基準法第 26 条に基づく休業手当が支給されなかった労働者を対象に、「新 型コロナ対応休業支援金・給付金」が支給されます(支援金・給付金は非課税のため、所得 申告は不要)。これは、労働者が直接、現金を申請できるものですが、企業規模により支給対象期間が異なります(中小企業は 2020 年 4 月 1 日以降、大企業は 2020 年 4 月 1 日か ら 6 月 30 日、および 2021 年 1 月 8 日以降)。詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL 07.html

学校などがコロナの影響でお休みになった場合

特別支援学校の皆さんへ、卒業生RYOさんの取り組み後編YouTubeチャンネル公開しました。

皆さんおはようございます。前回の特別支援学校の生徒の皆さんへの講話後編をアップ致しました。

zoomでの音声や映像のズレを解消する為に、スライドと音声を動画にし、当日は伝わりやすいように取り組みました。

ネット環境などにもよると考えられますが、ほとんどの場合音声と映像がずれる事があるので、お話し、スライド資料や音声を動画にして先方へ見て頂き、質問などはzoomにて行いました。また、内容や文書をしっかり見直し何度もスタッフと確認してました。アバターを制作するなどいくつかの工夫を行い在校生の皆さんへ出来ることを一生懸命に取り組んでいました。皆さんご覧くださいね。

RYOさんお疲れ様でした!

季節の行事を楽しもう!四季の移り変わり利用者もスタッフも笑顔です。

皆さんこんにちは、スタジオライフワークではさまざまな活動を行っております。色んなことがありますが、スタッフをはじめ利用者の皆さんのおかげで笑顔で楽しく過ごしております。

そのような活動を、日々撮影から編集まで一生懸命に取り組んでおります。是非ご覧下さいね。

編集長!お疲れ様です!

デイサービスが大好きなんです。と代表の少しばかりの経歴のお話

皆さんこんにちは。デイサービスが大好きなんだなーと、あらためて感じましたので少しばかりお話しさせて頂きます。

20代から福祉のお仕事に関わらせて頂き、もう20年余りになります。スタートは介護保険のデイサービスでのスタートでした。家族を養う為に2つ仕事しないと飯が食えなかったので、2つの仕事を掛け持ちしておりました。

デイサービスの送迎から経験し、当時はナイトケアがあり、19:00頃までのサービスがありました。送迎一つでも利用される方の自宅が狭い階段があったりとおんぶして部屋までお送りする事など様々な経験をさせて頂きました。何も知らない自分は当時の主任をはじめ理学療法士や作業療法士、看護師の方へ質問ばかりしておりました。

わからなければ、スタッフにお願いして練習をしたり、他事業所を覗きにいったり本や過去の実例などを読み漁っていました。

嬉しい事はやはり「ありがとうねー」 と言っていただけた時でしょうか、他の職種と違いビルの完成や納品などがない為に達成感がなかなか感じられなかった事を覚えています。福祉の世界ではその方々の立場になり、その方の人生に尊敬を持って対応する事が大切なのではないか?と当時の経験の中から思いはじめておりました。

数年後には障がい福祉に関わる事になり、色んな経験をさせて頂きました。当時は介護保険よりも相談員などの制度も無く、障がいのある方々やご家族は大変だったと思います。その中で経験のある私たちが様々な視点から行政窓口やご家族の方々との話し合いをおこなったりもしておりました。このような経験から介護福祉士をはじめサービス管理責任者、障がい者計画相談員などいくつかの資格も取るきっかけになりました。

成長させてもらう中で沢山の喜びや難しさ、在宅を支える事の大切さを感じることができました。あらためて感謝です。

多くの方々にお世話になりました!ありがとうございます。当時を振り返ると若過ぎて先輩方も大変だったと思います。

スタジオライフワークデイサービスでは少しばかり帰りの送迎が早く感じるかもしれません。様々な今までに無い業務がある事と、しっかりとした連携と会議、必要な書類作成など、しっかりとした業務遂行を目指し弊社の利用時間などを確保する為にそのように取り組ませております。

また、スタッフには業務の効率化を意識して、仕事以外ではご家族の時間などを作りやすいように7.5時間の勤務になっております。現在は土日祝日お休みとしておりますが、利用される方々のニーズを考慮致しますと今後は見直す必要があるかも知れません。今後の課題ですね。

さて、本日もスタジオライフワークはスタッフ利用者一丸となり、笑顔で楽しく【制作チーム】取り組ませて頂きます!

スタジオライフワークデイサービス#スタッフ紹介#2

スタジオライフワークデイサービス スタッフ紹介です。
Aka 看護師! 釣りとアウトドアが趣味。


看護師業務をはじめ各関係機関との連携、び他のスタッフへの利用者の疾患に対する取り組みなど頼りになる看護師。
コロナ禍の中での対応もきっちり取り組んでくれます。

FM KOZAラジオ番組での企画調整も丁寧に行います。商品開発や制作まで行い、スタッフと利用者へ丁寧に指導してくれます。スーパー看護師!

彼の丁寧な取り組みはスタッフも学ぶ事が多く、頼りになります。

いつもありがとう!

個性を活かした取り組みとお給料 studio lifeworkデイサービスの活動報告

令和3年6月より生産活動、自立、チャレンジに力を入れた生活介護事業所【Studio Lifework デイサービス】を開所し、早いもので2ヶ月が経過しました。弊社は「 ゼロからでも出来る・今からでも出来る 」のコンセプトの下、障がいや疾患等の理由により働くことを諦めるのではなく、個々の障害の特性やスキルに応じた生産活動の運営に注力して取り組んで参りました。ここでは3ヶ月目の経過報告として、現在ご利用されている利用者様の声も取り上げながらご紹介させて頂きます。

開所時 2021.6月の入り口です。お花もたくさんありがとうございました!!
障がいがあっても時間をかければ様々な作品を生み出すことができます。

(Nさん)

デイサービスでの仕事(生産活動)はスタッフと協力して食事作りやイラスト制作、アクセサリー作りなど出来ることが楽しいです。それを見て家族の皆が喜んでくれるのが嬉しいです。今回のお給料を貰って、家族にマクドナルドの商品を買ってあげて、半分は貯金しました。貯金したお金でカラフルなビーズを買って色々なものを作りたいです。これからもっと頑張りたいです。

(母親談)お給料がこんなに沢山あって…。他事業所の3倍くらいあったよ…と驚いた様子で話されていました。

 利用者の方々の個性は時に、誰もできないような力を発揮します。彼女はだれよりもやさしく愛情が溢れており、彼女が話せば周りが明るくなります。代表の自分が頑張ってスタッフを良い状態にしようと取り組んでいても簡単ではありません。彼女はほんの一瞬でスタッフ全員を笑顔にしてくれます。仕事でも個性を活かした作品作りから、cafeでの仕込みや販売など、前向きに取り組んでいただいています。ありがとう。

(Zさん)

こちらの施設に入り2ヶ月が経ったが、楽しく仕事(生産活動)をしています。未経験の分野の仕事を覚えるためにまだまだ1人では出来ない部分があり、スタッフのサポートを受けながら仕事をしています。お給料に関しては正直こんなに貰って良いのかな?と嬉しい反面、半信半疑な部分もありましたが、貰うことによってモチベーションも上がり、頑張ろうという意欲も湧いてきます。稼いだお金で自分のカメラを買いたいです。パソコンの画像編集が苦手だが、たくさん練習して早く習得したいです。いずれは仕事を1人で任されるようになりたいです。

障がいによる不随運動があり、通常のマウスでは操作が難しいために彼は様々な道具、工夫をこらしています。

彼の技術は一般の方々のスキルと同等、もしくはそれ以上です。学ぶ事を忘れず日々取り組まれています。彼が高校生の時から関わっておりますが、今ではデザイナーをはじめ様々な技術を駆使し活躍しています。

当事業所では、「楽しく学ぶ」をモットーにphotoshopやIllustrator、撮影から編集、調理や小物制作などをおこなっております。障がいを理解し、個性を活かす事からはじまり、全国平均工賃以上のお給料を作り上げる事をみんなで考え取り組みます。

(Sさん)

仕事は、自分がこれまで経験してきたことをスタッフなどに伝えて、制作活動のアドバイスをしていきたい

やりたいことができる事が嬉しい。考え事をすることが負担なので、制作活動をする事でとても良い状態になる。また、デイサービスでお給料が頂けることはやっぱり嬉しい!!今後の為に貯金箱を買って貯金したいです。

コロナ禍の中、楽しい事を考えねば!と勝手にテントを設営し、お給料をお渡しするシーン
sさんが作ってくれた「ボールブーケ」スタジオで大活躍です!ありがとうございます!

sさんが作ってくれた「ボールブーケ」スタジオで大活躍です!ありがとうございます!

【従来の福祉や生活介護事業所の常識に捕われない新たなる分野への挑戦】

これまでも殆ど前例が無い取り組みだけに、運営に苦慮する場面も多々ありましたが、弊社では利用者様とともに個々の障害特性に合わせながら、様々な活動分野にチャレンジしていきました。

その甲斐あってか現在は少しずつではありますが、本人のやりたいことと生産活動分野のマッチングが整いつつあります。また、活動を通して利用者様からのポジティブな姿勢や言動、意欲的な姿勢も垣間見られ、嬉しい反応も頂いております。また、生産活動後の個人やスタッフとの振り返りも大切にし、前回の活動状況や記録等を参考にしながら「次はどのレベルを目指すのか?」を考えながら取り組んでいます。

今後は個人面談やアンケートも活用し、個別支援計画書にも反映させながら、ご自身の目標設定の参考にしていきたいと考えております。

 課題として、今後は利用者様の技術面のみならず、活動全体を通しての集中力の維持や休憩のタイミングなどを理解し身に付けることも大切になります。ON・OFFの習得、活動量のムラを出来るだけ少なくしてコンスタントに活動出来ることが、生産性向上の鍵になると感じています。個々の体調やペースを充分に留意した上で、今回頂戴した利用者様の声にも傾聴しそれぞれの思いにも寄り添いながら、新たなスキルアップの時間や課題に応じたサポートに取り組んでいきたいと思います。

以上、簡単ではありますが経過報告となります。コロナ禍で先行きが見通せない困難な状況ではございますが、何事においてもスピード感を持って対応して参ります。お読み頂きありがとうございました。

「自分を活かすための場所」を求めている方、チャレンジされたい方がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

電話 098-933-1709

メール okinawa@studiolifework.com

住所 沖縄市中央4-11-2

中央パークアベニュー 

チャーリータコス近くにあります!