YouTubeチャンネル更新しました。【施設便り】イキイキとした笑顔が嬉しいのです。

皆さんおはようございます。スタジオライフワークYouTubeチャンネル更新のお知らせです。スタッフと利用者の制作チームが元気に取り組んでいます!

今回の動画ではスタジオライフワーク店舗近くの写真が多く使われています。桜が咲いた後に入れ替わるように【イペーの花】が咲き誇っています。

晴れた日に近隣を散歩しながら撮影しました。写真を楽しみながら操作に慣れていきます。また、一緒に取り組むことによりスタッフと利用者のチームワークも広がりお互いを理解する良いきっかけになります。

ラジオ番組ではコロナ禍の中、ラジオ局らの放送では無く収録にて行う為に編集作業が多く入り、RYOさん、スタッフは忙しい中頑張っております。頑張った分技術も身に付きます!ファイトー!

時には近隣散策もします。心身のバランスを良い状態へ持っていきます。障がいの為に施設内のみでの活動ではなく、社会参加することも私たちの取り組みの一つです。

利用者の方々私たち【制作チーム】が作るものは利用者の笑顔と撮影のお仕事にも繋がります。アベニュー通りの花壇は、通り会へ利用者と一緒に使用許可を頂き大活躍です。

nanamiさんは自身の制作した作品を日々販売し、「困っている方々、子ども達の役に立つ為に寄付をします」 と取り組んでいます。

moeさんは、制作したYouTube動画に字幕を付け加える作業を行います。日々集中し、取り組んでいます。その作業が誰かの役に立つ事をイメージし、気を抜くことなく頑張っています。

新しく利用された大城さんは、おしゃれもすごいのと、意欲的で活発です。様々なものを制作し、お昼休みには体を動かしリフレッシュするなどスタッフ顔負けの活動をします。日々しっかりと学び成長しております。

みんなが作ったものをより良い一枚になるよう新人カメラマンも頑張っております!

という事で、ご覧くださいね!

Facebook乗っ取りされた?とカメラを握り始めた頃の先輩カメラマン!

皆さんありがとうございます。
Facebook乗っ取りされていませんかー?と連絡がありましたー!
撮影機材を安く仕入れようと、ポイントを集めておりました。
あらためて履歴を見返すと恥ずかしいなー!
ポイント貯まったからいいのかなー!
連絡ありがとうございました!
明日も先輩方に負けぬよう取り組みます!

押忍!

ドリームキャッチャー制作!販売の為の動画制作と障がいがあっても出来る事を、誰かの為に取り組む情熱が嬉しい

皆さんこんにちは!今日は利用者とスタッフの制作チームが新商品を制作して下さったお話しです。

【左】弟子と【右】親方です。ありがとう!

利用者のSさんは作る事が大好きです。障がいがある為に指先が上手く動かせないのですが、時間やセッティング、道具を活用しさまざまな物を作ってくれます。

知識と経験を活かし、スタッフと共に今回は【ドリームキャッチャー】を制作してくれました。スタジオライフワークではお仕事としての活動とイェーイと楽しむ活動があります。商品が売れる事で、材料費や皆んなのお給料にも繋がると様々な取り組みにチャレンジしています。

コツコツとスタッフと取り組み、試行錯誤を重ねて制作したドリームキャッチャー!そんな取り組みが周りにも広がりモチベーションアップ!編集長akaも参戦し、CMまで作ってくれました!

撮影から編集、動画アップ後の対応迄大変でしたが取り組んでくれました!ありがとう!それから、制作チームの皆さんと出演者の皆様お疲れ様でした!

夢を掴め!ドリームキャッチャーCM

生活介護と就労継続支援B型の面白さ!もうダメかも、弊社ホームページとブログは色褪せて見える!YouTubeチャンネルの力。

スタジオライフワークでは、生活介護【デイサービス】と就労継続支援B型事業を取り組ませて頂いております。

最近は、見学や体験などお越し頂き利用へ繋がる方々が増えてきました!ありがとうございます。

もうダメだ!弊社ホームページ、ブログが色褪せてしまう!

ごちゃごちゃブログで語るより、制作チームの取り組みが伝わります!どうぞご覧下さいね!

特別支援学校の生徒の皆さんへ、卒業生のRYOさんが「ゼロからでもできる」 障がいがあってもあきらめない今までの取り組みのお話をさせて頂きました!と、福祉の講演のきっかけはこうだった!

皆さんこんにちは!今回は特別支援学校の生徒の皆さんへ、RYOさんが現在まで取り組んできたことや、苦労したことなど準備から当日までの様子を前編 後編に分けてYouTubeスタジオライフワークデイサービスにて放送致します。

事の始まりは、代表町田が沖縄市より「福祉」 のお話を子どもたち向けにお話しして欲しいという、学校の授業の一環がスタートでした。

子供達に将来のお仕事を伝える事がメインでしたが、障がいのある方の立場、目線からの話も一緒に伝える事で子どもたちには福祉と障がいの理解が深まるのではないか?と思い、「りょー町田さん30分喋るから残りの30分はりょうがお話ししなさい」 と丸投げしました。笑

お話しする事と、伝える為には写真や文章などを用いてスライドなどを活用すると、障がいがあり、話す事が難しくても伝える工夫が出来ると伝えスライド制作も今では上手くなっています。

いくつかの小中学校で講演を二人で行う事が増えていきました。そんな中子供達の反応がとても素晴らしかった事を覚えています。

施設がバリアフリーではなく、エレベーターも無い場合、車椅子のお友達は学校に通えなくなるかもしれません、皆さんならどうしますか?の問いに子供達はこう答えます。「僕がおんぶする」「皆んなで助ける」 「エレベーターが無くても協力すれば大丈夫」 できない理由を考える事では無く、普通に解決する方法を子供達は無意識に答えるのです。講演時に何度か泣きそうになり、これからの未来も悪く無いなーと嬉しくなったものです。

そこから少しずつ広がり、ソーシャルワーク専門学校をはじめ専門学校での授業に参加なども行いました。ご依頼頂いた皆様ありがとうございました。

そんなこんなで、今では若い後輩たちの為にRYOさんはコロナに負けず努力をしております。関係者の皆様ありがとうございます。

今日も一日笑顔で、楽しく過ごしましょう!

デイサービスだけではなく、2022.1/1~就労継続支援B型もスタートしましたよ!

スタジオライフワークはデイサービスだけではなく、2022.1/1より就労継続支援B型事業もスタート致しました。
新しく利用することになったiさんは、フィルムカメラでポートレート撮影を趣味で楽しんでいたとの事です。
障がいがあってもあきらめない!
という事で、一緒に撮影もこなしていきます!
iさん、宜しくね!

そういうことなので、本日は撮影教室スタート!

そのままのあなたで良いのです!個性を見つめた生き方に挑戦中です。YouTubeチャンネル更新!

皆さんこんにちは、スタジオライフワーク代表町田です。studio lifeworkでは利用者とスタッフが一体となり、様々な活動に取り組んでおります。

デイサービスの活動の中にお仕事(生産活動)を取り組み、学び、成長へと繋げます。

今回の動画では撮影に使用する小物の制作や、個性を見つめその方の生き方を尊重しながら日々の活動へ繋げて行く動画です。どうぞご覧下さい。

撮影に使用する小物を一生懸命に作っていただきました!ありがとうね。撮影頑張ります!

撮影から編集、企画内容などを利用者とスタッフが一生懸命に取り組んでおります。よろしければ「いいね」 とチャンネル登録よろしくお願い致します!

新年のご挨拶と2022年の事業計画

あけましておめでとうございます。昨年は皆様方のお力添えのお陰でスタジオライフワークデイサービスのスタートをする事が出来ました。

コロナの影響で厳しい中、スタッフ全員が力を合わせ様々な新しい取り組みにチャレンジする事で多くの方々から反響をいただき、利用者の方々からは「楽しい!」と嬉しい 応援を頂いております。

また2021年はテレビ局からの取材のオファーを頂きまして、私たちの取り組みを多くの方々へ伝える一歩となりました。利用者の皆さんとスタッフの笑顔がとても嬉しく感じています。

ドタバト忙しい2021年でしたが、皆さんのおかげで無事に2022年を迎える事が出来ました。ありがとう御座います。また、2022年1月1日より就労継続支援B型がスタート致しました!こちらもデイサービス同様、全国平均工賃以上のお給料です。それに伴い、「新しい女性スタッフ」も増えました! 皆さん楽しみにして下さいね!

新年のご挨拶、スタッフが一生懸命制作しております。

2022年は福祉業務の基礎固めと新しい形の取り組みの加速を目指します。スタジオライフワークのスタッフは経験豊富です。介護福祉士取得率80%以上に加え、サービス管理責任者2名、相談員、看護師及び喀痰吸引等指導看護師を含み、叩き上げの経験豊富なスタッフ達ばかりです。コロナに関してもマニュアル作成からスタッフミーティングを随時行い、現場での対応から各関係機関との連携などきっちり取り組んでいます。安心してご利用出来ます。

通常業務に加え、コロナ感染対策から新しい形の福祉 生産活動へスタジオライフワークスタッフは全力チャレンジ、サポート致します。お問合せから見学まで、ご連絡頂けましたらしっかりとサポート致します。

2022年は昨年から取り組んでいる事業を加速させる為に申請していた件が無事採択され、利用者とスタッフの生活向上に向け、コロナ禍でも負けない新しいチャレンジをします。

また、昨年よりスタジオライフワークのスタッフは勤務時間外に様々なチャレンジを行い、「ゼロからでもできる」 事を体現する1つとして「プロカメラマン」デビューします。内容はスタジオライフワークYouTubeチャンネルにてお知らせ出来るかもしれません。数ヶ月以内にはもう一人鍛え上げ、カメラマンが増える予定です。

2022年、スタジオライフワークではラジオ番組も増えます。パーソナリティ募集中!です!企画から制作放送までプロの方々のサポートも受けながら「学び」 「成長」 しましょう!

という事で、仕事します。

本年度もよろしくお願い申し上げます。

スタジオライフワーク代表 町田守邦

障がいがあるからと、自分を責めないでください。外の世界を感じる事で、わかる事があります。あなたや僕たちは同じ人間だ。

大きなタイトルですが、構えないで読んでくださいね!

同じ人間なのに、無意識に人々は比べてしまいます。「僕は大丈夫」「障がいがあるから」「やった事がないから」「年取ったからねー」「手足が動かないから」「あの人とは違う」

スタジオライフワークでは違います。

「手足が動かないから」「一緒に考えよう」「一緒にやろうね」「手足はスタッフがサポートすれば良い」

「やった事がないから」「一緒にやれば少しずつ覚えられるよ」「覚えられなくても大丈夫、順番を紙に書くからね」

「年取ったからねー」「出来る分で良い」「年取った分ジンブンがあるさー」

「ゼロからでも出来る」はみんなできます。

いちばんダメなことは、「やらないことです」「成功も失敗もない」「ゼロのまま」

利用者とスタッフで作った作品

この一枚の作品は「難病」であったり、「障がい」のある方とスタッフの全員で制作しました。

まず初めに、どのような作品にするのか?「考えます」。経験の無いみなさんでも出来ます。自由に想像して、考えます。

今回は、クリスマスが近いことで「夢、楽しい、全員で作る」をテーマにしました。

内容が決まったらお菓子の家を作る必要がありますので、材料が必要です。買い物はスタッフとみなさんで取り組めば良いのです。障がいがあるからとあきらめずスタッフとみなさんで作れば良いのです。組み立てはできないので色塗りは利用者の皆さんにお願いします。時間がかかっても出来るならゆっくり待ちます。大丈夫。

クッキーはカメラマン、代表の僕はできません。笑

撮影はプロカメラマンじゃなくても出来ます。シャッターを切る事は皆んなができますね!それはデジタル機器やAIなどの技術が人々の為に日々進化しているからです。照明が必要な場合にはみんなの車椅子に照明を取り付けて、みなさんがコントロールしてくれればカメラマンは助かります。

数十年前、いわゆる昔は「パソコンなんてできない」「難しい」時代がありましたが、現在は90歳のおばあさんがアプリを作ってしまう時代です。「おばあさんはゼロからできたんです」「やる」と決めただけなんです。

情報に振り回されて、デメリットやリスクばかり考えているとなんにもできないゼロのまま。だけど「やってみよう」と思うだけで結果は変わります!

代表である僕自身も「ゼロからのスタート」でした。触ったこともないカメラで仕事をこなして「福祉に繋げるんだ」と当時は皆んな「ポカーン」としていました。

現在では利用される皆さんの個性が写真と映像のお仕事に繋がり、みなさんの「学び」と「お仕事」になり、「夢」に広がっています。

明日も撮影に取り組んでいきます。

studio lifework代表 町田守邦

放送して頂きました!

放送されました!RBC琉球放送の皆様ありがとうございました!スタジオライフワークデイサービスの利用者の皆さん、スタッフの皆様お疲れ様でした!

それから、福祉サービスを探している方や、関係者の皆様

是非ご覧ください!

それから、スタジオライフワーク利用者の皆様!スタッフの皆様!お疲れ様でした!