スタジオライフワーク今日はこんな1日でした!

皆さんこんばんは!2021年6月1日よりスタジオライフワークデイサービススタートと、2022年1月1日より就労継続支援B型スタートさせて頂きましてありがとうございます。

6月で一年を迎えますが、私たちの事業はまだまだ浸透しておりません!という事で、今日はスタッフを捕まえて!日頃よりお世話になっている関係機関の方々や私達の事業を知ってもらえるように外へ出て色々と取り組んできました!

利用者とスタッフには「みんなの明日を作る為に行ってきます!」 「ボロボロになるまで帰りませーん」 と誓い出発しました!

障がいのある方々やご家族が夢を持ち、生き甲斐のある生き方を実現する事や、一生懸命に働いてくれているスタッフの幸せを作るんだ!その為には動くしか無い!と移動中も話し合い、利用者の方々のお給料を作る為の業務をもっと加速させるための取り組みや関係事業所の方々へあらためて挨拶しよう!と一日中動きました。

出る前には弊社スタジオスタジオライフワークの取り組みが伝わるよう沢山のパンフレットを抱えて出ました!帰る頃には全て配ることも出来ました!ありがとう!

そんな中、数日前からスタッフと4月より利用スタートをした照屋君が、YouTube動画のはじめての編集から動画アップ迄をこなしてくれた事を聞き、嬉しく感じました!

様々な利用者とスタッフの取り組み、ワンチームとしてのみんなが一つになる制作チームのアクション素材、写真や動画をどう扱い、伝えるのか?色んな事を考えたと思います。慣れていない部分もあるかと思いますが、恐れず迷わず踏み込んだ一つの取り組みにとても嬉しく感じました。

ありがとう。障がいがあっても諦めない。ゼロからのスタート。いつの日かあなたの一歩は誰かを勇気付けたり、笑顔にしたり、人々を豊かにするでしょう!

頑張れ遼馬!ありがとう!

小規模事業者持続化補助金採択決定と何をするのか?「障がいの為に諦めない」取り組みの加速をするんだ!

皆さんこんばんは、合同会社studio life work代表町田です。スタッフ及び利用者をはじめ今日1日を笑顔で過ごせる事は、日頃より皆様のご理解とご協力のおかげです。ありがとうございます。

タイトルにあるように、嬉しいお知らせがございます。【小規模事業者持続化補助金採択決定と何をするのか?「障がいの為に諦めない」取り組みの加速をするんだ!】という事を少しばかりお話しさせて頂きます。

まず、小規模事業者持続化補助金とは本補助金事業は、新型コロナウイルス感染症感染防止と事業継続を両立させるための対人接触機会の減少に資する前向きな投資を行い、ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。(引用経済産業省

事業スタート時より、コロナの影響は大きくさまざまな影響がありました。「コロナだから」なんて言ってもスタッフと利用者、ご家族の皆様の生活は守らなければなりません。そのような中、スタッフや関係機関の方々とお話を行い、コロナ禍の厳しい状況でも明日を作る事に対し、「何が出来るのか?」毎日考えていました。様々な情報をスタッフ全員で吟味し、当たって砕けろと!取り組む中今回の「小規模事業者持続化補助金」の申し込みに至りました。

申し込めば採用なんていうものではありません、申請後に様々な基準及び取り組む内容をはじめ、必要経費の必要性などが判断されます。各業界の専門の方々も「厳しい、逆に採択された場合には教えて欲しい」なんて言われました。専門家の方々もそもそも福祉事業の理解も深くは無く、その福祉事業の当たり前を変えるんだーと前例がない弊社の取り組みを理解して頂くにはまだまだ時間が必要なのかもしれません。

色々ありますが、採択して頂けましたので邁進するだけです。大人の私達が若い世代、子供達に「チャレンジしている事を伝える」表現するターンにきました。計画通り実行し、実績を作り上げるチャンス到来です!利用者とスタッフの制作チームで取り組み一丸となり、世界へチャレンジしていきます!

今回の「小規模事業者持続化補助金」の内訳内容は、主に【障がいというマイナスをプラスにする】【道具や技術を活用する】簡単にまとめますと障がいがあっても無くても道具や技術を理解して、使いこなそう!という事になります。今回の結果はスタジオライフワークスタッフ、関係者の皆様のおかげです。ありがとうございます。

自立は必要ですが、全てにおいて自立している人はいません。野菜は世界の誰かが栽培し、ガソリンは世界の誰かが輸入しています。一人の人間の出来ることは限られています。人として支え合い、技術や道具を活用し補えば私達はもっと強くなれます。

私達「studiolifework【スタジオライフワーク】」では個性を活かす事を念頭に日々取り組ませて頂いております。スタッフに関しましてはお給料はどのようにしてあなたの元に来るのか?鋸や包丁は職人自身で購入するけれども、ボールペンはなぜ?自身で購入しないのか?など直球やカーブをを織り交ぜて取り組ませて頂いております。意地悪に聞こえるかもしれませんが「何となく」判断してしまうことが一番不安に感じます。正解は一つではありませんが、スタッフ一人一人が、自立や福祉、会社の事をあらためて考えて欲しいのです。

話が少し逸れましたが、「小規模事業者持続化補助金」を進行するにあたりまたしても「コロナ」の影響が大きく出てきました。それは昨年申請時より計画していた機材がコロナの影響によって定められた期日内に納品できないという事が起きてしまい、今現在修正に追われております。目的である障がいがあっても諦めない、ゼロからでも出来るをモットーにブレずに進行していきたいと考えております。

今回チャレンジしております内容及び実績は今年、来年へと広がり皆さんへお伝えする事ができるよう全スタッフ全力で取り組んでいきます。色々勝手にお話ししておりますが、要は「個性を活かす為に必要な道具と技術が増えますので全力で遊び、全力で実績を作ります」

今日も一日ありがとうございました!

スタジオライフワーク代表町田でした!

YouTubeチャンネル更新しました。【施設便り】イキイキとした笑顔が嬉しいのです。

皆さんおはようございます。スタジオライフワークYouTubeチャンネル更新のお知らせです。スタッフと利用者の制作チームが元気に取り組んでいます!

今回の動画ではスタジオライフワーク店舗近くの写真が多く使われています。桜が咲いた後に入れ替わるように【イペーの花】が咲き誇っています。

晴れた日に近隣を散歩しながら撮影しました。写真を楽しみながら操作に慣れていきます。また、一緒に取り組むことによりスタッフと利用者のチームワークも広がりお互いを理解する良いきっかけになります。

ラジオ番組ではコロナ禍の中、ラジオ局らの放送では無く収録にて行う為に編集作業が多く入り、RYOさん、スタッフは忙しい中頑張っております。頑張った分技術も身に付きます!ファイトー!

時には近隣散策もします。心身のバランスを良い状態へ持っていきます。障がいの為に施設内のみでの活動ではなく、社会参加することも私たちの取り組みの一つです。

利用者の方々私たち【制作チーム】が作るものは利用者の笑顔と撮影のお仕事にも繋がります。アベニュー通りの花壇は、通り会へ利用者と一緒に使用許可を頂き大活躍です。

nanamiさんは自身の制作した作品を日々販売し、「困っている方々、子ども達の役に立つ為に寄付をします」 と取り組んでいます。

moeさんは、制作したYouTube動画に字幕を付け加える作業を行います。日々集中し、取り組んでいます。その作業が誰かの役に立つ事をイメージし、気を抜くことなく頑張っています。

新しく利用された大城さんは、おしゃれもすごいのと、意欲的で活発です。様々なものを制作し、お昼休みには体を動かしリフレッシュするなどスタッフ顔負けの活動をします。日々しっかりと学び成長しております。

みんなが作ったものをより良い一枚になるよう新人カメラマンも頑張っております!

という事で、ご覧くださいね!

Facebook乗っ取りされた?とカメラを握り始めた頃の先輩カメラマン!

皆さんありがとうございます。
Facebook乗っ取りされていませんかー?と連絡がありましたー!
撮影機材を安く仕入れようと、ポイントを集めておりました。
あらためて履歴を見返すと恥ずかしいなー!
ポイント貯まったからいいのかなー!
連絡ありがとうございました!
明日も先輩方に負けぬよう取り組みます!

押忍!

障がいに負けず、楽しく取り組んでいます。

利用者Mさんの活動です。

中途障がいを抱えながら、自分で出来る事は自分でやりたい…と好奇心旺盛なMさん。

やりたいことは沢山溢れ出し、スタッフと共に制作チームの一員として色んなことにチャレンジ中です!撮影時に使う小物も色々と製作してもらっています!ありがとうございます。

自分の知識からアイディアを出し、フラワーボールや撮影に使う髪飾り等、動画を参考にしながらスタッフと楽しく活動する日々。「こんな風にやったらできると思うよ」と本人の知っている知識やアイディアを出してもらい小物作り等、スタッフと楽しく作業されています。

作品の一つ一つは自信として積み重なっているように思います。

また、今後はダッシュ村の様な事もしてみたい…と計画してるようです。

スタッフは島流しされるのかな〜笑

乞うご期待!

活動する喜びはスタッフの喜び。

ブログに載せて色んな人に届けこの思い!

感染症対策をして体験、見学お待ちしています。

生活介護と就労継続支援B型の面白さ!もうダメかも、弊社ホームページとブログは色褪せて見える!YouTubeチャンネルの力。

スタジオライフワークでは、生活介護【デイサービス】と就労継続支援B型事業を取り組ませて頂いております。

最近は、見学や体験などお越し頂き利用へ繋がる方々が増えてきました!ありがとうございます。

もうダメだ!弊社ホームページ、ブログが色褪せてしまう!

ごちゃごちゃブログで語るより、制作チームの取り組みが伝わります!どうぞご覧下さいね!

特別支援学校の皆さんへ、卒業生RYOさんの取り組み後編YouTubeチャンネル公開しました。

皆さんおはようございます。前回の特別支援学校の生徒の皆さんへの講話後編をアップ致しました。

zoomでの音声や映像のズレを解消する為に、スライドと音声を動画にし、当日は伝わりやすいように取り組みました。

ネット環境などにもよると考えられますが、ほとんどの場合音声と映像がずれる事があるので、お話し、スライド資料や音声を動画にして先方へ見て頂き、質問などはzoomにて行いました。また、内容や文書をしっかり見直し何度もスタッフと確認してました。アバターを制作するなどいくつかの工夫を行い在校生の皆さんへ出来ることを一生懸命に取り組んでいました。皆さんご覧くださいね。

RYOさんお疲れ様でした!

特別支援学校の生徒の皆さんへ、卒業生のRYOさんが「ゼロからでもできる」 障がいがあってもあきらめない今までの取り組みのお話をさせて頂きました!と、福祉の講演のきっかけはこうだった!

皆さんこんにちは!今回は特別支援学校の生徒の皆さんへ、RYOさんが現在まで取り組んできたことや、苦労したことなど準備から当日までの様子を前編 後編に分けてYouTubeスタジオライフワークデイサービスにて放送致します。

事の始まりは、代表町田が沖縄市より「福祉」 のお話を子どもたち向けにお話しして欲しいという、学校の授業の一環がスタートでした。

子供達に将来のお仕事を伝える事がメインでしたが、障がいのある方の立場、目線からの話も一緒に伝える事で子どもたちには福祉と障がいの理解が深まるのではないか?と思い、「りょー町田さん30分喋るから残りの30分はりょうがお話ししなさい」 と丸投げしました。笑

お話しする事と、伝える為には写真や文章などを用いてスライドなどを活用すると、障がいがあり、話す事が難しくても伝える工夫が出来ると伝えスライド制作も今では上手くなっています。

いくつかの小中学校で講演を二人で行う事が増えていきました。そんな中子供達の反応がとても素晴らしかった事を覚えています。

施設がバリアフリーではなく、エレベーターも無い場合、車椅子のお友達は学校に通えなくなるかもしれません、皆さんならどうしますか?の問いに子供達はこう答えます。「僕がおんぶする」「皆んなで助ける」 「エレベーターが無くても協力すれば大丈夫」 できない理由を考える事では無く、普通に解決する方法を子供達は無意識に答えるのです。講演時に何度か泣きそうになり、これからの未来も悪く無いなーと嬉しくなったものです。

そこから少しずつ広がり、ソーシャルワーク専門学校をはじめ専門学校での授業に参加なども行いました。ご依頼頂いた皆様ありがとうございました。

そんなこんなで、今では若い後輩たちの為にRYOさんはコロナに負けず努力をしております。関係者の皆様ありがとうございます。

今日も一日笑顔で、楽しく過ごしましょう!

デイサービスが大好きなんです。と代表の少しばかりの経歴のお話

皆さんこんにちは。デイサービスが大好きなんだなーと、あらためて感じましたので少しばかりお話しさせて頂きます。

20代から福祉のお仕事に関わらせて頂き、もう20年余りになります。スタートは介護保険のデイサービスでのスタートでした。家族を養う為に2つ仕事しないと飯が食えなかったので、2つの仕事を掛け持ちしておりました。

デイサービスの送迎から経験し、当時はナイトケアがあり、19:00頃までのサービスがありました。送迎一つでも利用される方の自宅が狭い階段があったりとおんぶして部屋までお送りする事など様々な経験をさせて頂きました。何も知らない自分は当時の主任をはじめ理学療法士や作業療法士、看護師の方へ質問ばかりしておりました。

わからなければ、スタッフにお願いして練習をしたり、他事業所を覗きにいったり本や過去の実例などを読み漁っていました。

嬉しい事はやはり「ありがとうねー」 と言っていただけた時でしょうか、他の職種と違いビルの完成や納品などがない為に達成感がなかなか感じられなかった事を覚えています。福祉の世界ではその方々の立場になり、その方の人生に尊敬を持って対応する事が大切なのではないか?と当時の経験の中から思いはじめておりました。

数年後には障がい福祉に関わる事になり、色んな経験をさせて頂きました。当時は介護保険よりも相談員などの制度も無く、障がいのある方々やご家族は大変だったと思います。その中で経験のある私たちが様々な視点から行政窓口やご家族の方々との話し合いをおこなったりもしておりました。このような経験から介護福祉士をはじめサービス管理責任者、障がい者計画相談員などいくつかの資格も取るきっかけになりました。

成長させてもらう中で沢山の喜びや難しさ、在宅を支える事の大切さを感じることができました。あらためて感謝です。

多くの方々にお世話になりました!ありがとうございます。当時を振り返ると若過ぎて先輩方も大変だったと思います。

スタジオライフワークデイサービスでは少しばかり帰りの送迎が早く感じるかもしれません。様々な今までに無い業務がある事と、しっかりとした連携と会議、必要な書類作成など、しっかりとした業務遂行を目指し弊社の利用時間などを確保する為にそのように取り組ませております。

また、スタッフには業務の効率化を意識して、仕事以外ではご家族の時間などを作りやすいように7.5時間の勤務になっております。現在は土日祝日お休みとしておりますが、利用される方々のニーズを考慮致しますと今後は見直す必要があるかも知れません。今後の課題ですね。

さて、本日もスタジオライフワークはスタッフ利用者一丸となり、笑顔で楽しく【制作チーム】取り組ませて頂きます!

新年のご挨拶と2022年の事業計画

あけましておめでとうございます。昨年は皆様方のお力添えのお陰でスタジオライフワークデイサービスのスタートをする事が出来ました。

コロナの影響で厳しい中、スタッフ全員が力を合わせ様々な新しい取り組みにチャレンジする事で多くの方々から反響をいただき、利用者の方々からは「楽しい!」と嬉しい 応援を頂いております。

また2021年はテレビ局からの取材のオファーを頂きまして、私たちの取り組みを多くの方々へ伝える一歩となりました。利用者の皆さんとスタッフの笑顔がとても嬉しく感じています。

ドタバト忙しい2021年でしたが、皆さんのおかげで無事に2022年を迎える事が出来ました。ありがとう御座います。また、2022年1月1日より就労継続支援B型がスタート致しました!こちらもデイサービス同様、全国平均工賃以上のお給料です。それに伴い、「新しい女性スタッフ」も増えました! 皆さん楽しみにして下さいね!

新年のご挨拶、スタッフが一生懸命制作しております。

2022年は福祉業務の基礎固めと新しい形の取り組みの加速を目指します。スタジオライフワークのスタッフは経験豊富です。介護福祉士取得率80%以上に加え、サービス管理責任者2名、相談員、看護師及び喀痰吸引等指導看護師を含み、叩き上げの経験豊富なスタッフ達ばかりです。コロナに関してもマニュアル作成からスタッフミーティングを随時行い、現場での対応から各関係機関との連携などきっちり取り組んでいます。安心してご利用出来ます。

通常業務に加え、コロナ感染対策から新しい形の福祉 生産活動へスタジオライフワークスタッフは全力チャレンジ、サポート致します。お問合せから見学まで、ご連絡頂けましたらしっかりとサポート致します。

2022年は昨年から取り組んでいる事業を加速させる為に申請していた件が無事採択され、利用者とスタッフの生活向上に向け、コロナ禍でも負けない新しいチャレンジをします。

また、昨年よりスタジオライフワークのスタッフは勤務時間外に様々なチャレンジを行い、「ゼロからでもできる」 事を体現する1つとして「プロカメラマン」デビューします。内容はスタジオライフワークYouTubeチャンネルにてお知らせ出来るかもしれません。数ヶ月以内にはもう一人鍛え上げ、カメラマンが増える予定です。

2022年、スタジオライフワークではラジオ番組も増えます。パーソナリティ募集中!です!企画から制作放送までプロの方々のサポートも受けながら「学び」 「成長」 しましょう!

という事で、仕事します。

本年度もよろしくお願い申し上げます。

スタジオライフワーク代表 町田守邦