過去から学び伝えるべき事は何なのか。未来に残すべき事は何なのか。 コザの町で学び、コザの町で遊ぶ現代人。  本土復帰50年

「miraibito 未来人」 制作studio lifework

皆さんこんばんは、今日は2022年4月27日に撮影させて頂きました作品が完成致しましたので、どうぞご覧下さい。

今回の作品は、世界中のどこかで争いが起きていて、RYOと自分はよく「世界中の大人たちが見守る中、悲しい出来事を止めることはできないものか?自分たちもその中に居る訳だけど僕たちで何かできないかなー?」なんて事をよく話していました。ちょうどその頃ミムちゃんとみーちゃんが、スタジオライフワークによく遊びに来てくれて「RYOさんとコラボがしたい!」との事でいろんな企画を検討した結果、RYOさんより「平和をテーマにしたい」と提案が出ました。RYOのイメージは「kozaの街」「写真は町田さんが撮る」事を希望したので、撮影内容は非常に悩みました。

kozaの街での、平和をテーマに写真を撮るという事がとても難しかった。どう表現するのか?悩みながら、スタッフをはじめ利用されている方々と話し合い、沖縄市と平和について調べますと「97くん」という沖縄市のキャラクターがいる事を知りました!ピースガーデンにあるソテツの妖精です。沖縄市ホームページやyoutubeにも出ておりますので皆さんご覧くださいね。その「97くん」にも参加して頂こうと調整に入りました!

また、「平和」を学ぶ事をテーマにシアタードーナツ代表宮島さんへ講和依頼を無理やり行い、みんなで平和や平等、公平について色んな事を学び今回の撮影へと繋げていきました。

撮影当日には沖縄警察署から撮影許可なども取り、沖縄市平和・男女共同課の方々にもご協力頂き、ミムちゃんみーちゃん、FM KOZA RADIO&CAFEBAR荒木様、シアタードーナツ宮島様にも参加して頂き素敵な作品を作ることができました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

撮影後から仕上がりまではRYOと数回話し合いを行い、本日無事に仕上がりました!お疲れ様でした!ささやかな作品ですがたくさんの方々が見て頂けますと嬉しいです。

スタジオライフワークみんなの協力をはじめ、多くの方々の協力のおかげです!ありがとうございました。

スタジオライフワーク今日はこんな1日でした!

皆さんこんばんは!2021年6月1日よりスタジオライフワークデイサービススタートと、2022年1月1日より就労継続支援B型スタートさせて頂きましてありがとうございます。

6月で一年を迎えますが、私たちの事業はまだまだ浸透しておりません!という事で、今日はスタッフを捕まえて!日頃よりお世話になっている関係機関の方々や私達の事業を知ってもらえるように外へ出て色々と取り組んできました!

利用者とスタッフには「みんなの明日を作る為に行ってきます!」 「ボロボロになるまで帰りませーん」 と誓い出発しました!

障がいのある方々やご家族が夢を持ち、生き甲斐のある生き方を実現する事や、一生懸命に働いてくれているスタッフの幸せを作るんだ!その為には動くしか無い!と移動中も話し合い、利用者の方々のお給料を作る為の業務をもっと加速させるための取り組みや関係事業所の方々へあらためて挨拶しよう!と一日中動きました。

出る前には弊社スタジオスタジオライフワークの取り組みが伝わるよう沢山のパンフレットを抱えて出ました!帰る頃には全て配ることも出来ました!ありがとう!

そんな中、数日前からスタッフと4月より利用スタートをした照屋君が、YouTube動画のはじめての編集から動画アップ迄をこなしてくれた事を聞き、嬉しく感じました!

様々な利用者とスタッフの取り組み、ワンチームとしてのみんなが一つになる制作チームのアクション素材、写真や動画をどう扱い、伝えるのか?色んな事を考えたと思います。慣れていない部分もあるかと思いますが、恐れず迷わず踏み込んだ一つの取り組みにとても嬉しく感じました。

ありがとう。障がいがあっても諦めない。ゼロからのスタート。いつの日かあなたの一歩は誰かを勇気付けたり、笑顔にしたり、人々を豊かにするでしょう!

頑張れ遼馬!ありがとう!

ドリームキャッチャーCMメイキング動画 笑顔が嬉しい

動画アップいたしました。どうぞご覧下さい。スタッフ利用者の制作チームの頑張りが垣間見れます。

CMメイキング動画

ゼロからでもできる!とスタッフにYouTubeチャンネル制作スタートから数ヶ月が経ちます。スマホやアクションカメラなどの使用からはじまり、利用者とスタッフの真剣な眼差しなど、日常を切り取る事がスムーズになり編集ソフトもいくつか使えるようになっております。

現在ではコメントを頂き全員で喜んでおります。視聴されている皆様ありがとうございます。再生数が目的では無く、障害があっても諦めない事や個性を活かす事で誰でも生きがいを持ちイキイキと過ごせるんだと伝えたいのです。1人でも多くの方に伝われば幸いです。

取り組む事によるメリットは予想以上でした。撮ること撮られることを学び、ひとりひとりの魅力を再発見する事や、制作する作業の中で、「わたしにもできるかな?やってみたい」 という自発的な行動に繋がる事など、色んな連鎖が生まれています。

編集ではタイピングや文書による伝える事の再確認、構成や言葉による表現の学びが大きいです。取り組んだ分成長も感じられます。また、小物制作の工夫や、スキルアップをはじめ販売方法などもスタッフ利用者で模索しております。新しいチャレンジが日々行われております。皆さんありがとうございます。

企画、撮影、編集を継続する事は簡単ではありませんが取り組むことにより経験と自信が生まれてきております。

また一つ面白いのが、自分達の取り組んだ日々の生活を見直すきっかけがあるという事です。編集長の制作する【施設便り】が皆さんに私たちの活動をお伝えする動画となっておりますが、関わった私たちからあらためて動画を見ますと「いい顔してるねー」 「先月より凄く慣れてきてるね」 「他の方に気遣いしてる、偉い」 「集中してる姿が素敵だねー」 というような振り返りによる新しい発見、成長を感じることができます。

これからのYouTubeの取り組みは各作業をスタッフをはじめ新しい新入社員へ伝えていき、一人一人の負担をバランスよく分配していきます。前記事でもお話しした通り、技術で解決できる事を取り入れて、新しいステージを目指して行きたいと考えております。これからもスタジオライフワークYouTubeチャンネルを宜しくお願い致します。

スタジオライフワークYouTubeチャンネル

小規模事業者持続化補助金採択決定と何をするのか?「障がいの為に諦めない」取り組みの加速をするんだ!

皆さんこんばんは、合同会社studio life work代表町田です。スタッフ及び利用者をはじめ今日1日を笑顔で過ごせる事は、日頃より皆様のご理解とご協力のおかげです。ありがとうございます。

タイトルにあるように、嬉しいお知らせがございます。【小規模事業者持続化補助金採択決定と何をするのか?「障がいの為に諦めない」取り組みの加速をするんだ!】という事を少しばかりお話しさせて頂きます。

まず、小規模事業者持続化補助金とは本補助金事業は、新型コロナウイルス感染症感染防止と事業継続を両立させるための対人接触機会の減少に資する前向きな投資を行い、ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。(引用経済産業省

事業スタート時より、コロナの影響は大きくさまざまな影響がありました。「コロナだから」なんて言ってもスタッフと利用者、ご家族の皆様の生活は守らなければなりません。そのような中、スタッフや関係機関の方々とお話を行い、コロナ禍の厳しい状況でも明日を作る事に対し、「何が出来るのか?」毎日考えていました。様々な情報をスタッフ全員で吟味し、当たって砕けろと!取り組む中今回の「小規模事業者持続化補助金」の申し込みに至りました。

申し込めば採用なんていうものではありません、申請後に様々な基準及び取り組む内容をはじめ、必要経費の必要性などが判断されます。各業界の専門の方々も「厳しい、逆に採択された場合には教えて欲しい」なんて言われました。専門家の方々もそもそも福祉事業の理解も深くは無く、その福祉事業の当たり前を変えるんだーと前例がない弊社の取り組みを理解して頂くにはまだまだ時間が必要なのかもしれません。

色々ありますが、採択して頂けましたので邁進するだけです。大人の私達が若い世代、子供達に「チャレンジしている事を伝える」表現するターンにきました。計画通り実行し、実績を作り上げるチャンス到来です!利用者とスタッフの制作チームで取り組み一丸となり、世界へチャレンジしていきます!

今回の「小規模事業者持続化補助金」の内訳内容は、主に【障がいというマイナスをプラスにする】【道具や技術を活用する】簡単にまとめますと障がいがあっても無くても道具や技術を理解して、使いこなそう!という事になります。今回の結果はスタジオライフワークスタッフ、関係者の皆様のおかげです。ありがとうございます。

自立は必要ですが、全てにおいて自立している人はいません。野菜は世界の誰かが栽培し、ガソリンは世界の誰かが輸入しています。一人の人間の出来ることは限られています。人として支え合い、技術や道具を活用し補えば私達はもっと強くなれます。

私達「studiolifework【スタジオライフワーク】」では個性を活かす事を念頭に日々取り組ませて頂いております。スタッフに関しましてはお給料はどのようにしてあなたの元に来るのか?鋸や包丁は職人自身で購入するけれども、ボールペンはなぜ?自身で購入しないのか?など直球やカーブをを織り交ぜて取り組ませて頂いております。意地悪に聞こえるかもしれませんが「何となく」判断してしまうことが一番不安に感じます。正解は一つではありませんが、スタッフ一人一人が、自立や福祉、会社の事をあらためて考えて欲しいのです。

話が少し逸れましたが、「小規模事業者持続化補助金」を進行するにあたりまたしても「コロナ」の影響が大きく出てきました。それは昨年申請時より計画していた機材がコロナの影響によって定められた期日内に納品できないという事が起きてしまい、今現在修正に追われております。目的である障がいがあっても諦めない、ゼロからでも出来るをモットーにブレずに進行していきたいと考えております。

今回チャレンジしております内容及び実績は今年、来年へと広がり皆さんへお伝えする事ができるよう全スタッフ全力で取り組んでいきます。色々勝手にお話ししておりますが、要は「個性を活かす為に必要な道具と技術が増えますので全力で遊び、全力で実績を作ります」

今日も一日ありがとうございました!

スタジオライフワーク代表町田でした!

Facebook乗っ取りされた?とカメラを握り始めた頃の先輩カメラマン!

皆さんありがとうございます。
Facebook乗っ取りされていませんかー?と連絡がありましたー!
撮影機材を安く仕入れようと、ポイントを集めておりました。
あらためて履歴を見返すと恥ずかしいなー!
ポイント貯まったからいいのかなー!
連絡ありがとうございました!
明日も先輩方に負けぬよう取り組みます!

押忍!

ドリームキャッチャー制作!販売の為の動画制作と障がいがあっても出来る事を、誰かの為に取り組む情熱が嬉しい

皆さんこんにちは!今日は利用者とスタッフの制作チームが新商品を制作して下さったお話しです。

【左】弟子と【右】親方です。ありがとう!

利用者のSさんは作る事が大好きです。障がいがある為に指先が上手く動かせないのですが、時間やセッティング、道具を活用しさまざまな物を作ってくれます。

知識と経験を活かし、スタッフと共に今回は【ドリームキャッチャー】を制作してくれました。スタジオライフワークではお仕事としての活動とイェーイと楽しむ活動があります。商品が売れる事で、材料費や皆んなのお給料にも繋がると様々な取り組みにチャレンジしています。

コツコツとスタッフと取り組み、試行錯誤を重ねて制作したドリームキャッチャー!そんな取り組みが周りにも広がりモチベーションアップ!編集長akaも参戦し、CMまで作ってくれました!

撮影から編集、動画アップ後の対応迄大変でしたが取り組んでくれました!ありがとう!それから、制作チームの皆さんと出演者の皆様お疲れ様でした!

夢を掴め!ドリームキャッチャーCM

生活介護と就労継続支援B型の面白さ!もうダメかも、弊社ホームページとブログは色褪せて見える!YouTubeチャンネルの力。

スタジオライフワークでは、生活介護【デイサービス】と就労継続支援B型事業を取り組ませて頂いております。

最近は、見学や体験などお越し頂き利用へ繋がる方々が増えてきました!ありがとうございます。

もうダメだ!弊社ホームページ、ブログが色褪せてしまう!

ごちゃごちゃブログで語るより、制作チームの取り組みが伝わります!どうぞご覧下さいね!

生徒の皆さんからメッセージと素敵なプレゼントを頂きました!ありがとうございます!
良さんの講演会 〜在校生の皆様に伝えたい事(番外編)〜

色んな障がいがあってもチャレンジする事で、在校生の為に伝える事ができました。RYOさんお疲れ様でした!

それから、生徒の皆さん、関係者の皆様お疲れ様でした!メッセージもありがとうございました。元気をたくさん頂きました!

コロナ陽性、濃厚接触者で仕事を休むしか無い!その際に「年休(有給休暇)を取れ」と言う会社は今すぐ辞めるべきだと思います…と泣き寝入りしなくても良いと思います解決策の提案

 コロナ禍の中、医療・福祉業界をはじめ全ての方々が厳しい中で生活をしております。そんな中、周囲では「陽性になってしまった」 「濃厚接触者になってしまった」 との声が多々聞かれています。このご時世では例外なく誰でも感染してしまう可能性はありますが、問題はその後です。

自身や家族を守る為にやむを得ず仕事を休まないといけないケースや、福祉サービス事業所の都合によりサービスが受けられず、濃厚接触者や陽性で無いにも関わらず休まないといけないケースがあります。

 簡単にご説明しますが、勤務中に感染した場合には労災などの対象になります。また、勤務に関しては会社側は制度に沿って従業員を休まさなければなりません。どちらのケースでも、会社側はスタッフを守る為に出来る事はあるにも関わらず、対応してくれないといったケースが周囲から聞こえてきます。

 制度の中にはコロナの影響で困っている方々や、企業をサポートする介護休業や小学校休業等対応助成金などがあります。

本来、会社側が申請しないといけないものや、本人が申請できるものなどがありますが、我々はこんな時だからこそお互いが理解して解決できる方法を模索するべきと思います。その為にはまず、会社の就業規則をいま一度確認してみて下さい。実際には就業規則により、スタッフと会社を守れるようしっかりと対策を練り込んだ就業規則も存在します。

弊社 : studio lifeworkでは勤務中でのスタッフの感染をはじめ、ご家族のコロナ感染や介護の為、お子さんの学校がコロナの為にお休みになった場合…といった様々なケースに対し、スタッフが安心して休める環境作りを進めています。制度を活用してその間のお給料もしっかり保証します。スタッフありきの会社です。皆んなが安心して働けるように就業規則を作り上げております。必要時には労働局等へ申請も行います。

 感染症による社会情勢を鑑みて、会社の代表もしっかり学ばなければなりません。 スタッフを守らないような会社がどのようにして、今の時代を生き抜くのでしょうか?

長引くコロナ禍の中で、スタッフは常に最前線で働いています。今後起こりうるかもしれない【自身の感染】や【不意に濃厚接触者に該当してしまった】といった可能性を考えた場合、その恐怖に疲弊する時もあるかと思います。そんな社員の負担を少しでも軽減出来るように、弊社では感染やそれに関する事例のケース毎に、様々な状況を想定・シュミレーションをしています。実際に上記のケースが発生した場合などはスピード感をもって対応していきます。代表も管理者もスタッフも一丸となって解決策を探していきます。

スタッフが感染してしまい何も考えず【年休処理でいいだろう】と言う管理者がいた場合、私ならこう言います「仲間を守る気がないなら管理者失格だ」と。

コロナに感染してしまった場合に上記の申請などもせず、就業規則を見直してでも社員を守ろうとしない会社であったり、あなたに年休を進める会社はさっさと辞めて次の未来を考える事をお勧めします。

<下記コロナに関する労働者Q&Aより引用>

Q8.仕事を休むように言われたが、国が設けた助成制度を会社が利用してくれず、自身 の年次有給休暇を使うように言われた。
A8.年次有給休暇は労働者が自由に取れるものであり、会社都合で休業をさせる場合 は、休業手当の支払いが必要です。「雇用調整助成金」の活用で賃金補償を求めてく ださい。休業手当をもらえない労働者については、「新型コロナ対応休業支援金・給 付金」を利用してください。

まず、年次有給休暇は、原則として労働者の請求する時期に与えなければならないもの なので、使用者が一方的に取得させることはできません。さらに、仮に年次有給休暇で対応したとしても、使い切ってしまったら以後は欠勤扱いとなり、労働者にとっては、収入が途絶えることになり死活問題となります。
手続きが煩雑という理由で、雇用調整助成金を利用したがらない事業者が多いのも事実です。しかし助成内容が大幅に拡充し手続きも簡略化されており、ネットでの申請も可能です。改めて会社に対して国の助成制度を活用してもらい、労働者が不利益に対して使用者は誠実に対応していただくよう求める必要があります。詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kurashiyashigoto.html#h2_2

厚生労働省


 また、事業主の指示を受けて休業した労働者(雇用保険に加入していない学生アルバイ ト、日本国内で働く外国人の労働者、技能実習生も含む)で、会社が雇用調整助成金等を 利用せず、労働基準法第 26 条に基づく休業手当が支給されなかった労働者を対象に、「新 型コロナ対応休業支援金・給付金」が支給されます(支援金・給付金は非課税のため、所得 申告は不要)。これは、労働者が直接、現金を申請できるものですが、企業規模により支給対象期間が異なります(中小企業は 2020 年 4 月 1 日以降、大企業は 2020 年 4 月 1 日か ら 6 月 30 日、および 2021 年 1 月 8 日以降)。詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL 07.html

学校などがコロナの影響でお休みになった場合